2012. 05. 29  
27日。M山氏の発案で、奥武蔵・武州日野駅脇を流れる安谷川(川浦谷)本流~鞍掛ノ滝沢へ。

前夜、西武秩父からタクシーで武州日野駅へ、そのまま駅舎でステビバ。早朝、左岸の道から日野渓谷キャンプ場を経由しタマゴ水付近より入渓。アプローチは至便である。

最初はどうということのない平凡な流れだが。

P5270042-s.jpg
第1ゴルジュ。水はまだ冷たさを残し、ウェットスーツで正解だった。

P5270048-s.jpg
第2ゴルジュ、鞍掛ノ滝沢出合手前。渕が続く。

P5270053-s.jpg
鞍掛ノ滝沢に入り、すぐに現れるこの沢最大の2段30m滝。左岸から巻くが随所で岩場が現れ、ルートファインディングに気を使う。うまく巻くと滝上にどんぴしゃで出る。

P5270056-s.jpg
二俣手前、12m滝。左壁より取り付き、ハーケン、潅木、カムで支点を取って抜ける。この沢で一番面白かったかな。

後はなんと言うこともなく急傾斜の詰めをこなして尾根へ。地図を読んで入渓点へ下るが傾斜はゆるく、快適だった。下山後、荒川村道の駅そばの「白雲荘」で風呂に入り、手打ちそば・水沢という店でビール、酒、刺身こんにゃく、もつ煮込み、てんぷらなどたらふく飲み食いして至福の週末でした。
スポンサーサイト
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動する山岳会です。
このブログを訪れた方は、会員以外の方も、気軽にコメントを書き込んでください。
新人募集中!

カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ