2012. 01. 30  
I谷です。

1月28-29日。群馬は裏妙義、裏谷急沢と並木沢へアイスクライミングに行く。

結論から言えば、裏谷急沢は氷結いまいちながらも大滝20mはしっかり発達し普通に登れる状態だった(私は垂直のリード経験が乏しく、自信がないので逃げた)。ほかに2パーティ、盛況なり。
ちなみに帰路立ち寄った麻苧(あさお)の滝(麻芋ではない)も水が流れ氷結悪し、登攀不可。駐車場から見える、手前右岸の上部に落ちるペンシル状氷柱2-30mはおもしろそう。

並木沢は普通に水が流れ、大滝2段30mは周辺部が凍っているだけで登攀不可。その手前の左岸に落ちる2段70m氷瀑(ただし実質の登攀対象は上段30mのみ)は良く凍り、7-80度の快適なクライミング。成果がこれだけなのはちとさびしいが。

noyさん、K崎さん写真アップよろしくです~



初日、大滝をリードするK氏。


2日目、大滝手前の左岸に架かる氷瀑。
スポンサーサイト
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動する山岳会です。
このブログを訪れた方は、会員以外の方も、気軽にコメントを書き込んでください。
新人募集中!

カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
カテゴリ