2011. 06. 27  
26日。当初八ヶ岳・赤岳沢の予定を変更し、御坂の横沢へ赴く。

25日夜に美し森の駐車場に行ったまではよかったが、26日に行動を開始すると雨が本降りに。午前中は止みそうもないことからリーダーー判断で中止となった。

このまま帰るのももったいないので、以前リーダーが遡行したことがあり、天気の良さそうな御坂・横沢へ転進することとなる。この沢は最初こそ裏山の小沢という印象であり、貧相だがやがて次々と滝の懸る険谷に変貌する。

P6260006-s.jpg
10m×15mほどのナメ滝。ここで初めてザイルを出す。右壁から登るが、最初が泥付でいやらしい。

P6260010-s.jpg
核心部のゴルジュ、8mCS滝。リーダーのM山氏は以前左岸のバンド沿いを登ったらしいが、今回は積極果敢にシャワークライム。水が温くて助かった・・・

P6260015-s.jpg
核心部トリの30m不動滝。簾状に水を落とすさまはとても美しい。右壁を登り、予想通り抜け口で激シャワーだったが楽しく突破する。

この上は特に何もなく、山道が横切りこれを伝って帰り終了。30分で降りてしまった。核心部だけ楽しむならばよい半日コースだと思う。
スポンサーサイト
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動する山岳会です。
このブログを訪れた方は、会員以外の方も、気軽にコメントを書き込んでください。
新人募集中!

カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
カテゴリ