2015. 09. 11  
F薪です。
9月の山行は、北の大地から始まりました。

北海道の至宝、カウンナイ川へ行って来ました。
前日新千歳空港に集合し、レンタカーで旭川に向かい前泊、天人峡温泉より歩き始めます。
9月に入り雨の続いていた北海道ですが、増水は思ったほどではなく入溪に問題はなさそうです。

清流橋から、右岸の林道を辿りポンカウンナイ川との出合で河原におります。
ポンカウンナイ川出合へ下降

河原を何度か徒渉していくと、標高618m地点で川幅が狭まりゴルジュとなっています。雨後の水量のためか結構迫力のあるゴルジュとなっていますが、右岸にしっかりした巻き道があり危なげなく通過できます。(落ちたら剣呑ですが^^;)
お函

ゴルジュを過ぎると、また開けた河原です。徒渉を繰り返しながら遡っていきます。
ザイル徒渉!
ザイル徒渉

スクラム徒渉!!
スクラム徒渉
実践的な徒渉訓練という感じですね。

入溪から7時間近く河原歩きと徒渉を繰り返し、ようやっと本日の宿であるカウン沢の出合に到着です。
雨が降ったり止んだりの天候で、みんなびしょ濡れです。焚火を熾せると濡れたものが乾かせたのですが、薪もびしょ濡れで、焚火部長の奮闘も空しく、焚火らしい焚火にはなりませんでした。
奮闘する焚火部長をおいて、つり部長とF薪、ルーキーIは、テン場前の釜で竿を振ります。次から次へとオショロコマがかかります。いくらでも釣れそうな感じです。釣り過ぎても仕方がないので、食料用を除き半分ほどはリリースしたでしょうか。
キープしたオショロコマは、夕飯の際バターと一緒にソテーされて、美味しくいただきました。
オショロコマ

翌朝は、天候も回復し期待の持てるスタートです。心なしか、メンバーの表情も明るかったように思います。
出発前のミーティング

出発後、1時間ほどで魚留の滝です。写真の水滴は雨ではなく、滝の飛沫です。
魚留
この滝下で、前日釣りのできなかったKKリーダーと焚火部長も交え、しばし釣りに興じましたが、ここでも入れ食い状態でした。

魚留の滝から二つの滝を越えるといよいよ本日のハイライト滝ノ瀬十三丁です。川幅いっぱいの平滑が、遥か遠くまで続いています。みんな、思い思いのコース取りで平滑を進みます。
滝ノ瀬十三丁
ふわふわの苔を踏みしめながら、F薪の頭の中には、敬愛するシベリウスの最後の交響曲、第7番のトロンボーンの奏でるコラール風の旋律が浮かんで来ました。
何だか走り出したくなるような明るく軽やかな風景なのに、少し重々しい音楽が浮かんできたのは何故でしょうか。

滝ノ瀬十三丁の中間点は、左右から水を落とす両門の滝になっています。右俣は、2段25mのさらに上にも大きな滝が見えます。
両門

両門の滝を過ぎると、少しずつ傾斜が増してきます。
滝ノ瀬十三丁Ⅱ

ただ、足元は変わらずふかふかのコケの絨毯です。
グリーン・カーペット

そして、滝ノ瀬十三丁のフィナーレを飾る滝を登ります。ひとりだけ、みんなと違うルートを登るチャレンジャーが見えますね(笑
十三丁出口の滝

滑の上も、きれいな所が続きます。初日のゴーロがウソのようです。
見所は続く

源流

最終日、稜線へ上がる手前から振り返ると、カムイミンタラが広がっていました。最近出版された『大雪山―神々の遊ぶ庭(カムイミンタラ)』という本がありますが、「神々の遊ぶ庭」は、こんな風景をイメージしているのでしょうか。もっとも、アイヌ語の「カムイ」は"神"だけでなく、その使いと考えられていた"羆"を指すこともあるようです。そう考えると、いかにもヒグマが遊びに来そうな場所でもあります。実際、遡行中に足跡と糞をみましたし...
振り返って

そして、縦走路に出ると、一路化雲岳を目指します。あわよくばトムラウシも、と考えていましたが、残念ながらそこまでの余裕はなく涙をのみました。
縦走路

頂上の岩搭が遠くに見えてきました。
化雲岳へ

登山道脇には池塘もあり、風景に変化を添えています。
池塘

ホントの頂上はここだとばかり、みんなで岩搭の上まで登りました。
化雲岳頂上の岩搭

化雲岳頂上で、少し遊んでから天人峡への下山にかかりました。なかなか長い道のりでした。おまけに、ぬかるんで沼のようになった場所も多く、沢靴のままで降りないと大変なことになります。
第一公園付近は湿原になっていて、木道が整備されています。
第一公園

さらに下っていくと、羽衣の滝の滝見台があり、羽衣の滝だけでなく旭岳も大きく望めます。
滝見台から一段下ったところからは、左岸から出合うアイシポップ川の連瀑がよく見えます。
羽衣の滝

滝見台から30分ほどで、ようやっと天人峡温泉の登山口に到着しました。
いやあ、長かった。おまけに、途中の登山道に、新しいヒグマの糞もあったし...。ここも、カムイミンタラだったか。

長い道のりでしたが、その苦労を忘れさせる素晴らしい溪に出会えたことを感謝し、北の山と溪への強い憧れを抱かせるきっかけとなった沢旅でした。
スポンサーサイト
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動する山岳会です。
このブログを訪れた方は、会員以外の方も、気軽にコメントを書き込んでください。
新人募集中!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
カテゴリ