2014. 09. 18  
エアマット修理 (http://syokeikai.blog136.fc2.com/blog-entry-351.html) の続編が発生しました。

13日から17日にかけての、胎内川東俣沢上流部~頼母木川上流部の継続遡下行において、
修理したエアマットにまだ他にも穴があることが判明しました(それとも、実用しただけで新しい穴が開いたのか?)。
3時間もマットの上に座っていると、内部の空気が半減しているではありませんか。

修理するのもばかばかしくなったので、
新潟万代のモンベルショップでウレタンマット(空気を使わないやつ)を買ってきました。
暑さは1cmながら、長さが183cmもあるので、こんな風にパッキングしてます。
(ザックの外にくくりつけると、藪の高巻きが多い飯豊では大変です。)
P9181264.jpg

ちなみに、下山日から新潟古町の3泊してます(マット新調の用事もあったので)。
滞在中は新潟の海の幸を堪能。
その後は、再び飯豊へ。
スポンサーサイト
2014. 09. 07  
昨年買ったモンベルのU.L.コンフォートシステム エアパッドを修理している。

数回使ったら空気が漏れるようになって、それ以来放置していたが、やはり軽くて快適なマットが欲しいので、修理することにした。状況からすれば、メーカーに無償修理か交換を申し出てもいい気がするのだが。

穴が開いていることは確かだが、数時間かけてしぼむ程度の小さな穴なので、音や風圧では見つからない。
そこで、水を張った湯船に沈めて穴を探した。
初日に二カ所発見して、付属のリペアキットで穴を塞ぐ。しかし、空気を入れて一晩おくとしぼんできている。

翌々日、さらに穴を探すと、もう一つ見つかった。これも塞いだが、これで全部か?
結果は明日を待たねばならない。

何だかもぐら叩きをやってるような気分になって、一カ所穴を塞ぐと、他のところに開くのではと勘ぐってしまう。
あまりに小さな穴なので、突起物が刺さって開いた穴とも思えない。
初期不良なんじゃないかな?

左側(裏面)と真ん中は初回補修箇所、右側のが今回の補修箇所。
IMG_0625.jpg
2014. 09. 05  
α米(10袋)を買い込んできました。


9月13日から29日まで、10年に一度の長期休暇だ。
当然、沢へ行く。同行者は得られないので単独だ。
単独で飯豊に入るときは7.3mm径70Mのロープを持っていくが、幾分細くともさすがに重い。
そこで、いままでは軽量化したことなんてほとんどなかった食料回りの品を軽くすることにした。
α米やフリーズドライ食品を中心にして、湯を沸かせる程度の器具を持っていくにとどめようと思う。
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動する山岳会です。
このブログを訪れた方は、会員以外の方も、気軽にコメントを書き込んでください。
新人募集中!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
カテゴリ