2015. 12. 07  
ritaniです。札幌から久々の里帰りということで、5,6日で逍遙祭と総会に参加しました。

5日の逍遙祭前には奥多摩の鷹ノ巣谷支流巳ノ戸沢を遡行。情報を一切調べずに行ったところ、堰堤と倒木とゴーロのみ。。
あまりに何もないので写真撮りませんでした。誰か貼ってくださ~い(→ラジャー!)

その代わり昔の登山道跡なんかがありまして、ちょっとした古道めぐりの趣でした。
PC050033.jpg

では・・巳ノ戸沢の様子はこちら↓↓(by n)
天気は最高!
DSC06235.jpg

水がなかった・・・
水があればCS滝だな!・・と
他に何もないので楽しんで登ります。
DSC06247.jpg

稲村岩の直下でようやく水の流れる音が聞こえる。
DSC06251.jpg

石積み多し!
DSC06255.jpg

倒木という名のアスレチックランドが続く。(考えようによっては楽しめます)
DSC06259.jpg

DSC06262.jpg
この後、冒頭の古い道標を見つける。

鞘口ノクビレ方面へ斜面を上がっていきます。
陽射しが暖かい。陽だまりハイク。
DSC06266.jpg

下山途中の八丁山手前の鞍部
美しい曲線は健在だった。
DSC06271.jpg

深いところでは腰まで埋まるふっかふかの落ち葉が心地良かった。
落ち葉で遊ぶ少年2名。
DSC06274-2.jpg

八丁山直下の岩場より
リーダー、何を想う?
DSC06277.jpg

巳ノ戸尾根は、歩きやすくて気持ちの良い尾根でした。
DSC06282.jpg
おしまい。

その夜は逍遙祭という名の納会。いやはや1年が経つのは早い、早すぎる・・・

では、逍遥祭の様子を少々・・
今年もまた沢に明け暮れた一年でした。無事にこの日を迎えられてなによりです。
新しい仲間2名を迎え、始まった逍遥祭。
今年も各地の日本酒が集まりました。

過去の山行の写真をスライドショーで見て大盛り上がり
DSCN0201.jpg

思い出話に花が咲きました。
DSCN0205.jpg

特にY氏の写真には爆笑。笑いすぎて涙が出ました。
DSCN0206.jpg

DSCN0212.jpg

みなさん、新年度も頑張りましょう!!
IMG_1241.jpg
(by n)

さて明けた6日朝に総会を済ませ、昼から近くの氷川屏風岩で岩トレ&フリー。こちらは10名参加と賑やか。
我々のパーティはフリー中心のメニューをこなしました。A峰フェイスルートでアップ
PC060036.jpg

取り付きをこなす新入会員のSさん
PC060042.jpg

直上右ルート5.10a は快適なフェースと書いてありましたが、外岩久々の身にはなかなか渋いぞ。。。
PC060046.jpg

Sさんはチムニールートでリードの練習。
PC060056.jpg

第一苔ハングを攻めるMさん。私は時間切れでリードできないまま終了。
PC060059.jpg

久々の大人数で賑やかな1日でした。また来年~
PC060050.jpg
スポンサーサイト
2015. 05. 11  
前日にボルダリングジムに趣き、こっそり自主練をしてきた。ワタシだ。
岩トレ当日、バリバリな筋肉痛であったことはいうまでもない。。。(トホホ)



新緑濃ゆい山の中、広沢寺弁天岩はひっそりとたたずんでいるかと思いきや、すでに複数のパーティで賑わっていた。

20150511210139608.jpg


色とりどりのザイルでデコレートされた岩には、多くのクライマーが取りついている。
みなさま、カッコイイ。

201505111956086ee.jpg

序盤、逍遥チームは弁天岩の右側のルートを確保。
するすると登っていくリーダ・先輩の姿を見て、イメージトレーニングは完璧。
クライミングシューズを履いての1本目、滑ることはないし、ホールドもある。
やる気十分で登り出したものの、10mほどの所で高さへの恐怖に襲われる。
震えだした左足を誰にも気づかれないように祈りながら、「ダイジョウブ、ダイジョウブ」と呪文を唱えながらなんとか登りきる。

20150511205137d7b.jpg

後半は、中央のルートへ移動し、クライミングシューズと沢靴の両方で登って行く。
沢靴では滑ってしまい難しい。

私は、1ルートどうしてもクリアできないところがあり、3回トライするもあえなく敗退。
岩の中央で動けず困っていると、他パーティのベテランクライマーからアドバイスをいただく。

「足の側面でホールドに乗ると身体が岩に接近して視野が狭くなるから、つま先で踏み込むのじゃ」

せっかくのアドバイスだったが、今の実力では実行すらできず。
練習あるのみ!!

20150511195811a10.jpg

20150511195849150.jpg

20150511195923772.jpg


それにしても、クライミングシューズってすごいなぁ。
このシューズに見合うだけの技量を習得したい。
201505111959051b2.jpg


shin
2013. 02. 24  
2月23-24日に大仁城山へ会員外3名を含め6名で行ってきました。

↓初日は南壁。スラブは体の硬い私には苦手です。


↓二日目はクッキングワールド。華麗にクライム中のTさん。KTさんにはトップロープすべてを張っていただきました。


MYさん家でお世話になりました。ありがとうございます。源泉かけ流しのお風呂、よかったです。MIさん夕食おいしかったです。皆様ありがとうございました。noy
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動する山岳会です。
このブログを訪れた方は、会員以外の方も、気軽にコメントを書き込んでください。
新人募集中!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
カテゴリ