FC2ブログ
2018. 11. 05  
エスケープに終わった中ノ俣沢の翌日は、日本一ちっぽけな山脈「櫛形山脈」の縦走に出かけた。

三好荘で朝食を済ませてから白鳥公園へ向かい、遅い出発となる。
九十九折の道を登って白鳥山への分岐を過ぎるとなだらかな登りとなって、逆光の中にマイクロウェーブの塔が見えてくる。
DSCF9487.jpg

小さな上り下りを繰り返して徐々に高度を上げて鳥坂山山頂にでた。
DSCF9488.jpg

木々の間からの眺め。
DSCF9489.jpg

黒中山を過ぎるとブナをはじめとする混成林のすっきりした林の道となる。
DSCF9494.jpg

櫛形山山頂とその前後は多くの登山者でにぎわっている。
山頂は東側が開けており、飯豊連峰の眺めがよい。
DSCF9500.jpg

大沢尾根コースを分けると少々藪っぽい林となる。
DSCF9502.jpg

大峰山山頂は標識がなければ気付かずに通り過ぎてしまいそうだ。
DSCF9508.jpg

願文山から杉林の急な道を降ていくと、いつの間にか桜公園内に入っていく。
DSCF9510.jpg

桜公園内でちょっと遠回りしてしまったが、金塚駅へ向かい、途中で予約した胎内市のデマンドタクシーで白鳥公園に戻った。

昼食時間を含めて5時間、本当に小さな山脈だったが短い間にも植生が変化して区間ごとに違った雰囲気を感じることができた。
スポンサーサイト



2017. 11. 19  
F薪です。

今週は、焚き火納め山行を計画していたが、土曜に雨予報だったため中止とした。
代わりに、リニューアル間もない加入道山避難小屋で熱燗の夕べを催した。メンバーは半減の3名だったが、よく飲み、よく食べ、よく寝た。

熱燗用徳利
Kanyudo01.jpg

きのことネギを焼いて、日本酒のよきつまみに。
Kanyudo02.jpg

加入道の夜は更けて
Kanyudo03.jpg

明けて日曜日はよく晴れて、富士山もきれいに
Kanyudo04.jpg

結果だけ見れば焚き火山行も可能だったと思われるが、まあ楽しい一夜だったので、よしとしよう。
2016. 07. 21  
憧れの鹿島槍ヶ岳に行ってきた。ワタシだ!!
CIMG0347 (1024x768)
久しぶりの尾根歩き、楽しかったです。

7/15

はじめは、リフトなんかに乗ってみて
DSC_0005.jpg

ケルンの前でガッツポーズ。がんばりまーす。
初日は雨模様。
CIMG0310 (768x1024)

遠見尾根をひたすら登ります。後半の階段がきついんです。
DSC_0012.jpg

やっと五龍山荘が見えてきました。
CIMG0325 (1024x768)

五龍山荘に到着。今宵は、ここでテント泊まり。
雨降りだったので、テントはたったの2張だけでした。
DSC_0017.jpg

7/16

綺麗な朝焼け
DSC_0018.jpg

五竜岳ハント
CIMG0336 (1024x768)

目指すは鹿島槍ヶ岳
DSC_0030.jpg

八峰キレットの岩場や
DSC_0039.jpg
はしごを超えていくと
DSC_0036.jpg

キレット小屋に到着
CIMG0364 (1024x768)

登り返せば、鹿島槍北峰
DSC_0052.jpg
鹿島槍南峰
DSC_0054.jpg

稜線を進めば
DSC_0056.jpg

冷池のテント場。二日目は晴天に恵まれました。
DSC_0059.jpg

7/17

朝から雨で心が折れ、そうそうに下山を決断しました。

雨の中ピークハント。ここは爺(山の名前ですよ)
CIMG0394 (1024x768)


楽しい楽しい縦走でした。
逍遙溪稜会、ハイキング部お仲間募集中です!!


shin
2015. 04. 22  


はじめてブログに登場する ワタシだ



山裾の河川には雪代が出ている。

今年は、雪解けがはやいようだ。



1


妖怪雨降らしの異名を欲しいままにしてきたワタシだが、どうだ晴れたぞよ。

総勢8名の精鋭部隊

朝日と飯豊に挟まれた、小国町は針生山へ行ってきた。


2


登山口からしばらくは雪が多いものの、かなり暖かく川の水量が多い。

この時期の渡渉は賢明ではないので回避。(ホっ)

この後、急登の尾根をひたすら進む。


3


針生山山頂手前の小ピーク。

前日の徳綱山よりも、朝日連峰へ一歩近づく。その雄大さに見惚れる。



4


雪山ハイクにきたつもりでいたが、尾根は雪がすくなく、まさかの藪こぎ。

しかしながら、藪こぎ初体験のワタシは中盤のポジションを確保し、すこぶるご機嫌。
ふふっ


5

登り詰めたピークで小休止。

静かな山中に、熊撃ちの音と雪崩の音がこだまする。


ここまでくればゴールは目前。あとは一気に登山口へ。


6



今回、はじめて2泊の会山行を経験した。

みなで眠るテントの暖かさ・安心感に、思わずホロリ。



あぁ、幸せかな、逍遥渓稜会。



shin

2015. 03. 23  
ちょいと 白太郎~♬と 朝日の前衛の前衛の山 「白太郎山」 ハイキング登山
入山地点には何台も車が泊まっておりスノーハイキング、山スキーと地元では愛されている山の模様

天気の良い中 林間地帯が気持ち良い

150321-01.jpg

高度を上げていくと視界がひらけていく

150321-07.jpg

飯豊側を見ながら登る

150321-02

さくっと頂上! 

パチリと記念写真

150321-03.jpg

朝日、飯豊と沢は何本か入っているのですが大朝日も飯豊山などのピークというピークは登っていない私、、(-_-;)

山頂は朝日から飯豊まで360度の大展望

150321 白太郎山 - Spherical Image - RICOH THETA



祝瓶山がカッコ良い

150321-05.jpg

すっかりと大展望を楽しんだあとに下山はササーッとシリセード

150321-04.jpg

150321 白太郎山 - Spherical Image - RICOH THETA


楽しかったです

JUN



プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
カテゴリ