FC2ブログ
--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012. 10. 09  
沢登りを始める前から本で紹介されているのを見て気になっていた鈴ヶ沢に行ってきました。

前日は本降りの雨でしたが、当日は晴れ。久しぶりに晴れた遡行となりました。
入渓からほどなく滝とナメが交互に現れ、いい感じです。前半のハイライトは30mの大滝。3段に落ちる姿は写真で見るよりずっと美しいです。
30m大滝

大滝は右岸から容易に巻けます。大滝上は一旦ゴーロになりますが、すぐにナメが復活。写真のようなナメ滝が続きます。
ナメ滝

やっと日が射して明るい沢になりました。右岸に巻き道ありです。
休憩場所

この滝は右から取付こうとしましたが、かぶり気味でホールドが頼りなく、落ちて泳ぎたくなかったので巻きました。ここも巻き道明瞭です。
小型門の滝

このようなナメもたくさんあります。
ナメ

ここは有名な流入のない釜。どんどん流れ出しているのに、どこからも水が入っていません。すぐ上に沢が見えると思いますが、上の釜に吸い込まれています。
入り口のない釜

これが上の釜。落ちたら上がって来れません。この上の斜滝のへつりは緊張します。。
出口のない釜

1600m付近の二俣。両門の滝状になっており綺麗です。右の本流は簡単に登れます。
両門の滝

この沢の水は様々な色に見えます。ここはエメラルドグリーン。
エメラルド

鈴ヶ沢は3時間程度で遡行終了。1650m付近の左ガレ沢を登って、小三笠山の北側を回ります。藪漕ぎはありません。正面に御嶽山が見えます。
御嶽山

下りは中股を下降。ゴーロ主体の沢ですが、ところどころは写真にようなナメがあります。
鈴ヶ沢だけだと物足りない感じなので、下降も含めて丁度コースだと思います。
中股のナメ
中股ナメ2
スポンサーサイト
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。