2017. 10. 24  
超大型の台風21号が本州に近づいてくるなか、泊りで佐武流川を遡行するの難しいと判断し、日帰りの赤ノ沢西赤沢を遡行して集中する計画に前日変更された。前日夜関東を出るときは雨だったが関越トンネルを抜けると星も見え始め一安心する。ステビバ地でB班と合流し情報交換して就寝する。
nishiaka-TDSCF8257.jpg


朝暗いうちから準備を開始し、我々A班より困難が予想されるB[班4名は5時頃に出発する。A班4名は近所のコンビニで朝食をとりそれより30分程度ビハンドとなるが、林道ゲートに急ぐ。路肩で沢支度を整えて、7時前に曇り空の下を歩き始める。
nishiaka-DSCN4338.jpg

林道は黄葉まっさかりといった感じだが、曇りではイマイチ映えない。1時間ちょいほどの林道歩きで、檜俣川徒渉点まで15分の標識のある佐武流山への右手の登山道に入る。
nishiaka-DSCN4343.jpg


10分ほど下ると徒渉用のロープが張られた檜俣川徒渉点に着く。3-5m程度の川幅の檜俣川の水量は若干白く濁り、増水気味に見て取れる。
nishiaka-DSCN4344.jpg



早速、上流方向の赤ノ沢出合に向けて遡行を開始する。
nishiaka-DSCN4347.jpg


大きな滝は無いが、所々に大きな釜があり、岩が結構滑っている上に落ち葉で埋もれていて歩きにくい。リード役の自分は2回ほど滑っておしり程度までのドボンをして体力を奪われる。
nishiaka-DSCN4355.jpg



檜俣川本流に右から5:1で赤い川床の赤ノ沢が流れ込んでくる。まさに名前の通りの鉄分を大量に含んだ流れだ。
nishiaka-DSCN4357.jpg
川床は鉄分で赤茶。
nishiaka-DSCN4358.jpg



少し行くと右から10m程度の細い流れの滝が数本かかる。
nishiaka-DSCF8264.jpg


そこを過ぎるとゴルュジュっぽくなってきて、4mの釜を持ったヒョグ滝は登れそうになく少し戻ってブッシュの降りてきている左岸に取りつき高巻きルートをとる。
nishiaka-DSCN4365.jpg


高巻き途中で下降していくと続く5mの2条滝が見えたが、これも登れそうにないので、再びブッシュまであがってまとめて巻いた。
nishiaka-DSCN4367.jpg


小休止後、すぐに出てくる2mスダレ状は、左を登って越えてみた。
nishiaka-DSCN4368.jpg


相変らず赤い流れが続くが、せいぜい5m程度の滝を気持ちよく越えていくと2x3mと6x8mの上がヒョグッタ2段滝が出てくるが、これも右を容易に登れる。
nishiaka-DSCN4385.jpg


その先しばらく行くと、左の壁から赤い流れの下が湧きだす特異な景観ポイントに到着する。
nishiaka-DSCN4388.jpg


ここを過ぎると沢床の赤みが幾分か収まってくる。6x8mの逆くの字滝は右を慎重に登る。
nishiaka-DSCN4392.jpg


ここから先は、開けた河原と、大木アスレチック地帯が交互に続く。
nishiaka-DSCN4394.jpg
倒木地帯。
nishiaka-DSCN4399.jpg


滝も大量の流木を上部に持ったものが多い。
nishiaka-DSCN4400.jpg


Co1590m付近の3mのスラブ滝は足を押えてもらいどうにか登り切り後続をザイルで確保した。
nishiaka-DSCF8291.jpg


流れは細くなり小滝とスラブを交えた感じとなってきて、ボサが被ってきて水も涸れる。
nishiaka-DSCN4415.jpg


沢形を忠実に辿っていくがついに笹薮となるが、手前右に切り払ったトラバース道っぽいのをWさんが見つけてくれたので、そちらに逃げてしばらくいったところのガレ場を登り5mぐらい籔を漕ぐと登山道にでる。
nishiaka-DSCF8298.jpg


なんという偶然か、反対側の下部からB班の声がしてすぐに集中できた。集中予定点の赤沢源頭はパスしここで集中完了とし、下山を開始する。
nishiaka-DSCF8299.jpg


雨が降る前にと下山を急ぎ、切明温泉で汗を流し、石打で釜飯を堪能し、台風接近で渋滞無しの関越道を飛ばし帰京した。
赤ノ沢西赤沢は、名前通り赤い沢だった。大きい滝は無かったが、ナメっていたので軽いドボンを2回したのが悔しい点だ。


bema
スポンサーサイト
2017. 10. 23  
悪沢だから悪いのかな?

今回の集中場所は、佐武流山北側の西赤沢源頭。
台風接近中のため、土曜日日帰りに変更となる。
行動中は雨に降られることなく、紅葉がきれいでした。


前泊地を5時に出発、檜俣川林道のゲート前に車を停め、林道と登山道を歩き、1時間半ほどで檜俣川に降り立つ。
naDSC05624.jpg

紅葉がきれい
naDSC05626.jpg
(写真の写りがいまいちですが・・実際はもっときれいです)

7時50分、登山道が沢を渡るところから入渓。
水は白く濁っている。
naDSC05631.jpg
(登山者のためにロープがはられている)

集中時刻は13時。
悪沢については登山体系に少し書いてあるぐらいで情報があまり得られず、予想以上に時間がかかるのでは・・高巻きに時間が・・などと想像して、この時点ではみな、集中時刻には間に合わないだろうと思っていた。
naDSC05634.jpg

悪沢の出合へ向けて下っていくと、すんなりと降りられない滝と淵が現れ、この先の行程が不安になる。
naDSC05636.jpg

左岸から巻き降りて振り返る。
naDSC05638.jpg

悪沢出合。
naDSC05640.jpg

ゴーロの中に時々滝が懸かる。
naDSC05643.jpg

naDSC05645.jpg

前方を見ると水のないガレ沢が見えて、ん?となるが、沢が左に曲がっていることに気付く。
naDSC05647.jpg


左に曲がった先に大滝が・・(25m位)
naDSC05651.jpg

左岸の割と登りやすそうなガレルンゼから巻くことに。
滝を振り返ると、さらに上にも続いているのが見え、全部で3段の滝だった。
naDSC05655.jpg

小尾根をひとつ越えて、ルンゼを登り、もう1つ尾根をトラバースして、枝沢に降りる。
ところどころ踏まれたような跡があった。
naDSC05657.jpg

1時間ほどで悪沢に戻る。
降りてきた枝沢
naDSC05662.jpg

この先は穏やかになる。
ただ岩が磨かれていて滑りやすい。
naDSC05664.jpg

1410mの二俣を左へ。
水量がぐっと減って1/3ぐらいになる。
どこから出てきたんだ?というぐらい倒木とガレで埋まっている。
でもこれを越えていくのはアスレチックみたいで嫌いじゃない。
naDSC05669.jpg

スラブの岩肌が見えはじめる。
naDSC05673.jpg

1450mぐらいから等高線が詰まり、滝が連続する。
naDSC05681.jpg

naDSC05682.jpg

naDSC05684.jpg

当初の予想から一転、ここまで順調だ。
13時の集中時刻まで余裕が出てきたので、滝場の後半に現れる15m滝でロープを出してみる。
(おそらく左から比較的楽に巻けます)
naDSC05691.jpg

naDSC05692.jpg

・・小1時間ほど時間をかけてしまったので、スピードアップ!
ここからは傾斜もゆるくなり、詰めるだけ
ナメや小さな落ち込みを越えていく。
naDSC05695.jpg

最後まで沢型が続き、ほとんどヤブこぎなく登山道に出る。
naDSC05702.jpg

すると尾根の反対側から遡行してきたA班もちょうど道に出たところで、感動の再会
(こんなこともあるんですね)
naDSC05703.jpg
集中時刻の10分前に集中することができた。

昼食をとって登山道を下り、切明温泉へGO~
naDSC05705.jpg


お疲れ様でした。
無事に終わってよかったです。
帰り道、湯沢でへぎそばを食べて満足でした。

nao
2017. 09. 16  
先週、9/9-10は、苗場山清水川水系の釜川右俣を遡行してきた。Hリーダーが昨年より計画を出していたが、その度に悪天で流れ、今回が4度目の正直だった。今度こその願いが通じたのか、2日間とも久しぶりに好天に恵まれ、気持ちの良い遡行を楽しめた。
kamakawa-_IMG_2645.jpg

前日、林道終点ゲートまで入り、テント泊とする。林道脇の駐車スペースは我々だけで、テントの中で過去の遡行記録を参考に作戦会議をした結果、林道と交差地点まで7時間かからないようなので、8時出発と決め込み就寝する。翌朝は予報通り快晴。期待が高まる中準備を急ぎ、8時前に取水堰に向かって10分ほど下り入渓する。
kamakawa-DSC04968.jpg

水量多めの河原をしばらく行くと、6x7m滝が出てくるが、左を小さく巻いて越える。
kamakawa-IMG_2561.jpg

大岩が転がる河原を右へ左へ徒渉し、時にアスレチック登りをして遡行していく。
kamakawa-IMG_2569.jpg

深い釜を持った小滝に出会うが、右にトラロープつきの巻き道があり利用させてもらう。
kamakawa-DSC04973.jpg

いくつかゴーロ滝と釜を越えて行くと左俣が1:3で合わさるが、すぐ先に5m2条滝が行く手を阻む。右に釣り師のトラロープがかかるが痛んでいるので、ザイルを出して慎重に登って突破した。
kamakawa-IMG_2586.jpg

続いて5x6mが出てくるが、右を小さく巻いてクリアする。
kamakawa-DSC04986.jpg

続く2条5mCS滝も登れそうになく右を巻いてクリアする。
kamakawa-IMG_2592.jpg

たおやかに水を落とす大釜2m滝は右を登る。
kamakawa-IMG_2596.jpg

その先は両岸が狭まりトイ状になるが右を進んでいく。
kamakawa-IMG_2598.jpg

すると、勢いよく左から水を落とす2mヒョグ滝がかかるがこれは登れず、手前の左ルンゼ状をザイル確保で登って巻くが、沢床に降りるのに懸垂下降のおまけつきとなる。
kamakawa-IMG_2603.jpg

更に4mの直瀑は胸まで浸かって左のチムニー状に取り付き、ザイル確保で突破する。
kamakawa-IMG_2608.jpg

その上は激流となっており、ザイル確保で左をヘつってどうにか通過する。
kamakawa-DSC05012.jpg

しばらく、開けた感じになり、右から左から滝をかけた細い流れを通過すると長い淵を伴った4m2段滝となる。右側を胸まで浸かってヘつって突破する。
kamakawa-DSC05020.jpg

何個か釜を越えて行くが、小さな滝上で左に移るが流れが速くお助けを出してもらう。
kamakawa-DSC05024.jpg

急に両岸が狭まり、4x6mのトイ状ひねり滝となるが右を慎重にヘつって突破する。向こう側にスラブが見え開けた感じだ。
kamakawa-IMG_2636.jpg

そのすぐ上に大岩が転がる4mスダレ状スラブ滝となる。念のためザイルを出してもらい右側を登る。
kamakawa-DSC05038.jpg

大岩が行く手を塞いでいるので左から流れ込む枝沢3mのナメッタ滝をタワシでこすって慎重に登りトラバースして越えると、一転目の前に大スラブ広がり、これは・・・。いよいよきたかと言った感じ。
kamakawa-DSC05044.jpg

三ツ釜滝到着です。
kamakawa-DSC05048.jpg

でも間違えて右岸をヘつっていってブッシュに入ってしまい。
kamakawa-IMG_2643.jpg

振り子懸垂で沢床に戻る。30分ほど時間を無駄にしたが・・・。
kamakawa-IMG_2648.jpg

14時前でお腹がすいていたが、三ツ釜突破してから昼飯とし、右のリッジに取り付く。
kamakawa-DSC05053.jpg

スラブの上の方がザレていて嫌らしかったが、3人ともフリーで潅木帯までたどり着く。2段目の滝も近くから見ると圧巻だ。
kamakawa-DSC05055.jpg

ブッシュを少し登り、ヤド沢に架かる滝の釜の落ち口に懸垂下降して徒渉してしまう。
kamakawa-DSC05063.jpg

滝上でゴキゲンなランチタイムをとる。
kamakawa-IMG_2658.jpg

大きな釜を持ったナメ滝をいくつか快適に越えて行く。
kamakawa-DSC05069.jpg

再び両岸が迫ってきて、3mの直瀑が現れるが、左壁を空身でザイルを引いてリーダーに突破してもらう。
kamakawa-DSC05072.jpg

大岩で分けられた2条は左を登る。
kamakawa-IMG_2667.jpg

続く6m滝は、倒木手前から左の草付きからブッシュに入り巻くが懸垂下降のおまけつきとなる。
kamakawa-IMG_2669.jpg

テン場適地を見つけ時間も16:10なので初日はここまでとする。7時間で林道まで行けるはずだったが、清水沢手前のここまで8時間半ほどかかってしまったのはちょっとショックであった。
kamakawa-DSC05077.jpg

それでも焚火は盛大に楽しい夜は更けてゆく。
kamakawa-IMG_2673.jpg

2日目は、早めの6時過ぎに出発する。ちょっと眠気がある体に、釜といくつか小滝を越えて行くとエンジンがかかってくる。すると12m滝が豪快に落ちている。リーダーは左水線を登る準備をしていたが、遡行記録でここは左を巻いていたと自分が発言し左を巻くことになる。(自分の勘違いで左水線を登るのが正解)
kamakawa-IMG_2678.jpg


懸垂下降で沢床に戻り、遡行すると3m、7x9mと何れも釜を持った滝が出てくるが快適に登れる。
kamakawa-IMG_2680.jpg

すると、20mのトロ場が出てきて、朝っぱらからしっかりと水と戯れることができた。
kamakawa-IMG_2682.jpg

そこから少し行ったところに12m滝が豪快に水を落としている。直登は難しく、左草付きをリーダーがザイルを引いて登り巻きクリアした。
kamakawa-IMG_2683.jpg

巻き終えたところが清水沢の出合い。1:5で左から清水沢が流れこんでくる。何個か小滝を通過しナメ床の歩きを楽しむと8mCS滝が出てくるが、登れそうにないので右を巻く。朝に日差しを受けて水が輝き始める。
kamakawa-IMG_2688.jpg

続く4m二条滝は右壁を快適に登り、3段のナメ状滝も難なくこなしていく。
kamakawa-IMG_2699.jpg

両岸がまた迫ってきて、3mCS前の流れの強い淵は左を胸まで浸かってヘつってどうにか突破する。
kamakawa-IMG_2711.jpg

3x4mのCS滝を右からクリアすると大釜を伴った12m滝が出てくるが、左を比較的簡単に小さく巻ける。
kamakawa-DSC05121.jpg

そこからは、急に開け朝の光にキラキラと輝く沢の世界となる。
kamakawa-IMG_2720.jpg
kamakawa-IMG_2721.jpg

しばらく河原を行くと、林道の橋に出る。
kamakawa-IMG_2729.jpg

ここで時間確認すると、9:50、登山道までここから早めの記録で4時間半、下山に4時間半かかっており到底日のあるうちに下山するのは難しいと判断し、林道を下ることにする。ちと悔しいが諦め、3時間半林道を歩き、林道終点ゲートの駐車場に戻った。
kamakawa-IMG_2736.jpg

bema
















2014. 06. 09  
春の集中山行 浅草岳  2014年6月7日-8日
白崩沢~ヤスノ沢
白崩沢の大滝
詳しくは下記ブログをご参照ください
沢ヤカ男のブログ
2012. 07. 17  
7月16日。本来は14-16で南ア・信濃俣河内の予定だったが悪天に中止となり、予備計画の苗場山・釜川右俣ヤド沢へ赴く。

釜川へは初めて足を運んだのだが、これほど優美と豪快を併せ持った谷があったとは。スラブやナメの美しさは上流まで絶えることなく、ヤド沢の大滝の豪快さには息を呑む。これが日帰りの沢で展開される。つくづく日本は恵まれている、と思わざるを得ない。

P7160019-s.jpg
三ツ釜前、淵を泳ぎで突破する。手掛かり豊富でロープを出すほどでもない。泳ぎはこの一箇所。

P7160027-s.jpg
有名な三ツ釜。整った形といい、すっきりとしたスラブといい文句のつけようがない。

P7160034-s.jpg
千倉沢側にある三ツ釜のテラス。沢屋だったらここにテントを張るしかない?

P7160039-s.jpg
ヤド沢、スラブ滝とそれに続く20m滝、右壁をシャワーで登る、これぞ夏の沢登りだ!

P7160040-s.jpg
40m滝。左壁リッジ~小水流沿いを登る。快適、豪快、痺れる!

この後も大滝、ナメ、晴天に映えて美しすぎる。一日で沢登りのほぼすべてを体験できる銘渓だ。中級者以上向けではあるが関東を代表する沢であることに異論はないだろう。
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動する山岳会です。
このブログを訪れた方は、会員以外の方も、気軽にコメントを書き込んでください。
新人募集中!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
カテゴリ