2012. 04. 10  
I谷です。

4月8日。奇奇怪怪な岩峰が連なる妙義だが、その中の難ルート、御殿・風穴稜にチャレンジする。

御殿は、特に東面から仰ぎ見るとき峨峨たるリッジ、ピークを複雑に立て連ね、妙義の城砦と呼ぶべき風格を持つ。その中で、東稜の1本南に伸びる風穴稜は、ネットにおいては完登の記録を見ることができなかった。

goten-gainen.jpg
今回登った風穴稜と下降ルート。マイナーだが、最後にそそり立つピークを攻略するのは相当難しい。

P4080033-s.jpg
風穴稜に取り付いてすぐ出てくる治山工事の看板。しばらくは特に何もない登りが続く。

P4080038-s.jpg
Co690平坦部にて、門番のような楓の大木。核心はここから。

P4080040-s.jpg
やがて出てくる妙義名物、切れ落ちた藪岩リッジ。岩はまあまあ硬いが、注意しないとホールドがすっぽ抜ける、こともある。

P4080042-s.jpg
風穴稜の由来、尾根のどてっ腹に開いた風穴。こんな穴が妙義には結構存在する。ここは風穴の上を通過するが、これまた切り立っていて結構スリリング、以後ザイルを外せなくなる。

P4080045-s.jpg
見えてきました、御殿東壁。正面に弱点は見出せず、右寄りのルンゼがルートになるかどうか・・・? ここは右に写っている岩を回り込み、上を通過する。

P4080048-s.jpg
ルンゼへ向けて、ギャップへ懸垂下降する。この後、時間切れを恐れてルンゼには取り付かず、ギャップから右へトラバースしてルンゼ基部を偵察する。

P4080049-s.jpg
ルンゼ基部に落ちる30mCS滝。今回はここまで、ギャップから篭沢へ向けて枝沢を下降する。

スポンサーサイト
2011. 11. 17  
I谷さん計画の星穴新道(現在、廃道)へ行って参りました。
初妙義。標高は低く、土、岩は汚い色で、綺麗とは言えないのですが、
景色が変わっていて不思議な魅力を持った山でした。

新道ははじめは尾根歩きだが、星穴岳手前にピークが複数あり、それらを鎖で登ったり、巻いたりするので、
沢登りの高巻きの雰囲気。下の写真はP2(ピーク2)の巻き。
鎖は腐ってきているので、トップの人はめちゃめちゃ怖そう。I谷さんはノーハーネスでしたが。。。

PB130466.jpg

下の写真は、星穴岳山頂から振り返るP3。まるで煙突のよう。

PB130475.jpg

星穴岳から中ノ岳への縦走路(廃道)は、尾根を歩いたり、脇を巻いたりと、終始狭い道をあるく。

PB130479.jpg

Mさんと私は主脈を歩かず、中ノ岳神社へ下山。駐車場の芝生でまったり、していました。
神社にはでかい大黒像が。。。

PB130492.jpg


中ノ岳神社より仰ぎ見る、妙義山はイカツい。

PB130493.jpg

by SJUN
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動する山岳会です。
このブログを訪れた方は、会員以外の方も、気軽にコメントを書き込んでください。
新人募集中!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
カテゴリ