2018. 04. 13  
スポンサーサイト
2018. 03. 28  
こないだの水曜日に積もった雪が気になるが、予定どおり矢駄(やた)沢に行く。
地形図の水線が太いのも気になるし。

やっぱりまだ雪が残っている。
nDSC06793.jpg

出だしの堰堤を越えると、釜付きのかわいいF1がお出迎え。
nDSC06795.jpg
浸かりたくないこの時期。へつって越える。

水が綺麗だ。
nDSC06802.jpg

こんな立派な滝も。
nDSC06808.jpg

と!本日の核心がやってきた。
左のバンドから。フリーで登っていったリーダーに続く。ロープで確保してもらう。
nDSC06815.jpg
割とガバがあり、大丈夫なのだがドキドキしてしまった。

ゴーロを挟んで適度に滝が現れ、適度に濡れ・・・飽きさせない。リーダーを。
nDSC06817.jpg

nDSC06826.jpg

nDSC06830.jpg

二俣にて。右俣にはずら~っと堰堤が続いているのが見えて、すごいですね、、、と話していたら、左も堰堤だ。
nDSC06835.jpg

沢でしかしない動きをして、足のスジが久しぶりに伸び、攣りかけた。
nDSC06843.jpg

北面の沢だけど、意外と陽が差し込む。
nDSC06845.jpg

まだまだ続くぞと思っていたが、
標高1000m位で水はほぼ涸れ、沢は雪で埋まる。
nDSC06854.jpg
注)沢の中の風景です

左右の枝沢からデブリが押し出されてきている。
股下までズボッと入ってしまったり・・・
傾斜が強いところもあり、雪がついているおかげで少し難易度が上がっている雪岩ミックスの沢筋を進む。

登山道が最も近づく1160m付近からエスケープ。
nDSC06856.jpg

nDSC06857.jpg

柔らかい雪で滑りやすい登山道を下る。
nDSC06858.jpg

下山後は、天然温泉 いやしの湯へ。
時間が早かったのですいていました。


お疲れ様でした!


nao
2018. 03. 18  
H氏憧れの沢に行く企画~葛葉川本谷編~

沢を始めた人の多くが行くであろう定番の沢・葛葉川本谷に、先輩のH氏はまだ行ったことがない。
行きたい!ということでとんとん拍子に決まった計画。

他のメンバーは初めての葛葉川、私は4回目。
なんで来たの?と言われたが、
沢に行けるならどこでもいいっス・・・あと運動不足解消・・・。

というわけで!
nDSC06744.jpg

意外と滝が多く、ロープを出す滝もあったりして、この時期にぴったりの沢
nDSC06751.jpg

nDSC06758.jpg

アプローチ良く下山路もあり、良い沢だね!という好評価なのでした
nDSC06773.jpg

nDSC06790.jpg
そして自分の成長が実感できる沢です。

nao


2017. 03. 14  
暖かな日差しのもと、今や秘境?となった、
二十女(ハタチガ)沢へ行ってきました。

二十女沢は宮ケ瀬湖から鍋嵐へ詰め上げる沢ですが、
宮ケ瀬湖畔の道路から対岸の二十女沢へ向かう橋が封鎖されてしまい、渡れなくなってしまいました。
そこで今回は煤ヶ谷から登山道を経由して入渓点へ向かいます。

本厚木からバスに乗り、煤ヶ谷で降りて、沢支度を整える。
DSCN2462.jpg

登山口にはヤマビル除けの塩や薬剤が置いてある。
ありがたく使わせてもらう。
(ちなみにヒルはまだいませんでした。ほっ)
DSCN2535.jpg

DSC02097.jpg

物見峠
DSC02102_201703161251346b6.jpg

物見峠から1つ目のピーク。
ここから西の尾根へ入り、二十女沢右岸林道を目指す。
DSC02103.jpg

やせ尾根を過ぎると気持ちの良い尾根が広がる。
このあたりの尾根をうろうろしてみるのもいいな。
DSC02107.jpg

長いアプローチ・・・いや、楽しい陽だまりハイクを経て、二十女沢に降り立つ!
DSC02114.jpg

すると、こんな感じで両側壁に挟まれる。なんだか面白いぞ!
そして、どちらかというと岩がつるつるしている。
DSC02116.jpg

入渓してまもなく出合う枝沢。
上まで壁が続いている。
DSC02117_20170316125141581.jpg

青みがかっている岩。
DSC02125.jpg

DSC02126_20170316125211469.jpg

CS滝
DSC02129.jpg

ここは巻くのも大変なので、リーダーS氏が登ってくれたので助かりました。
ロープを出してもらい、私も続く。
DSC02130_20170316125214928.jpg

きれいな滝が続く。
DSC02132.jpg
落ち葉がたっぷり積もっていて、ずぼっ!とはまるトラップ多し。。。

DSC02140_20170316125217f48.jpg

DSC02148_20170316125219a12.jpg

ナメ床の先に滝が見えてきた!
DSC02150_20170316125220b9d.jpg

ここは巻きます。
DSC02152_201703161252210f2.jpg

ロープを出してトラバースする。
DSC02154.jpg

大岩の上に木が生えているダイナミックな光景
DSC02161.jpg

DSC02162.jpg

すると岩の質が変わる。
青いつぶつぶが埋め込まれているような。。。
落ち着いている時のオームのような?
DSC02169.jpg

なんでしょ?
DSC02170_2017031612524487f.jpg

やがて水は涸れ、落ち葉が積もる中を進んでいくと、
沢の真ん中に塔のような奇岩が現れる。
DSC02172_20170316125245e99.jpg

最後の三俣からガレ沢を詰める。
DSC02178.jpg

鍋嵐の東側の稜線に出る。
DSC02181.jpg

二十女沢は、ちょっと変わった景観と登れる滝が多く、楽しめました。
そして、いつも面倒を見てくれる(見守ってくれる)先輩がいない、自分達だけで行く初めての記念すべき沢になりました。

by nao
2017. 02. 26  
久しぶりの塔ノ岳。久しぶりのピークハント。
リーダーとして水無川本谷を遡行してきた、ワタシだ。
20170226203708185.jpg
久しぶりだったので楽しく記念写真なんかとってきちゃいました!
顔がよく見えないですか?照れ屋さんなもので・・・
興味あるかたは、逍遙渓稜会へお越し下さい。

201702262036264bd.jpg
気合いの空回りでオーバーペースにならないように、ペースを守って遡行したのですが、序盤はテンパっていたようでF1の写真がなく。。。F2からはじまりです。

2017022620362895d.jpg
3段の滝、3段目がF3です。 1段目、2段目は難なく越えて、F3は左の残置頼りになってしまいました。

201702262036294ae.jpg
F4はサクっと越えて、F5に到着。

20170226203630dbe.jpg
F5の右にはトラロープ、鎖。支点もしっかりあるんですが、恐怖心から鎖をがっつりつかんでしまい猛省です。

20170226203632536.jpg
F6は右のハングした岩の上に残置があるので腕力で登った。 小柄な非力な女子にはかなり難しい。 (ワタシは非力ですが、頑張りましたことよ。ホホホ)

20170226203707679.jpg
F8は25mの大滝。高巻をするも足場が悪くて怖かった。 高巻の途中から滝を臨むと下からは見えなかった3段目が見えて、実は30mを越えていたようだ。

F9の手前でルートを誤り、左の沢へ入ってしまった。 そのためつら~い詰めになってしまいヘトヘト。 詰め突入時点で正午を過ぎていたが、食べたら歩けなくなりそうな急登だったので塔ノ岳山頂まで昼食をお預けにしてがんばった。
20170226212325a27.jpg
気づけば、塔ノ岳到着まで休憩を取るのも忘れて突き進んでしまった。体力自慢の先輩方でよかったなぁ。 休憩取り忘れたネタ、しばらくいじられそう。
今後はちゃんと休憩とるので、みなさまワタシとの山行に是非お付き合いください。

shin
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動する山岳会です。
このブログを訪れた方は、会員以外の方も、気軽にコメントを書き込んでください。
新人募集中!

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
カテゴリ