FC2ブログ
2018. 11. 26  
F薪です。

三連休は、初日日帰りで丹沢へ。maruリーダーの計画で早戸川の円山木沢で滝登りを堪能して来ました。
早戸川林道の本間橋付近に車を停め、林道を30分で林道終点に到着。そのまま、早戸川の河原へ降りて数分。大岩のあるところが円山木沢の出合です。

この沢は、前半に大きめの滝が続いて核心部となっているとのこと。
確かに、入溪後15分ほどで大滝が登場。
20181123_Enzangi01.jpg

ここは登らずに、左岸の踏み跡から巻きです。
下から見ると15mくらいかと感じましたが、巻いている途中で見ると、上にも寝た感じで滝が続いていて20mの滝と言ってもよさそう。
20181123_Enzangi02.jpg

巻き終わったところからは斜面が急だったので、懸垂下降で沢床まで戻ります。
すぐ上の2m滝を越えると、狭いゴルジュとなり奥にはチョックストンのある5m滝が懸かっています。リーダーが偵察に行きましたが、直登は難しそうということで、左から入る涸れ沢の滝を登ってゴルジュを巻くことにします。
ここも、下からは見えない滝が続いていてかなりの高さです。ただ、登攀は手足がしっかりとしており快適でした。
20181123_Enzangi03.jpg

涸れ滝を登った地点から、右の本流へ復帰してバンドを上流に向かいますが、ゴルジュが深く落ち込んでいて結構な迫力です。ここも、最後は足場がよくないので、短い距離ですが懸垂して復帰。
復帰してすぐ10mの滝。左壁をリーダーがザイルを引いて登ります。
20181123_Enzangi04.jpg

上から見ると結構高度感あります。が、ここもそれほど難しい登攀ではありません。岩が湿っていて、ちょっと手が冷たいけど。
20181123_Enzangi05.jpg

さらに先の5m滝は、流れの中央から...。手が水に浸かって、更に冷たい。
20181123_Enzangi06.jpg

Co900手前には二条の滝が懸かっています。この下で暫し休憩。
ここまで何度かザイルを出しているので、入溪から2時間半ほど経っています。
20181123_Enzangi07.jpg

この滝は、左の流れのさらに左を登り、滝上の傾斜のあるスラブを慎重にトラバースして流れに復帰します。
20181123_Enzangi08.jpg

ここからは、トイ状の7m滝、くの字に捩れた7m滝など、登れる滝が続き楽しく登っていけます。が、水に手を浸けざるを得ず、やはり冷たいのでした。
20181123_Enzangi09.jpg

さて、そんな感じで10個ほどの滝を越えて行くと、沢が開けて傾斜が緩みます。水量も大分少なくなって来ました。
20181123_Enzangi10.jpg

Co1060の二俣は、右が沢床の低い本流の形状ですが、水量は4m滝で出合う左の方が圧倒的に多いという面白い溪相です。
この出合の滝は、左の少し乾いたところを登って落ち口に立ちます。
20181123_Enzangi11.jpg

そして、左に入っても小滝が続きます。昼食休憩を挟んでさらに登ると、さすがに河原が優勢となって水もチョロチョロと流れるだけに。Co1100付近で左からまとまった水量の小沢が流入します。本流とは1:1の水量比。不思議に思って覗き込むと、どうもすぐ上の斜面から水が湧いているような感じでした。
20181123_Enzangi12.jpg

そして、この小沢出合の先で、本流もほぼ伏流となってしまったので、あとは淡々と詰めるだけか、と油断していたら前方に何やら岩壁が見えてきました。
最後の最後に、15mの涸れ棚が控えていたのでした。巻きかなとも思いましたが、リーダーは嬉々としてザイルを引いて登っていきました。
大滝は巻いてしまったこともあり、最後のこの滝が今日一番登り応えがあったかもしれません。しかも、岩が冷たくて、登っている間に手が冷え冷えになりました。これも、今日一番。
20181123_Enzangi12_2.jpg

さて、涸れ棚を登った後は、本当の詰めに突入です。地形図では、1350m圏のピークへ登り詰める直下にガレ記号がありますが、このガレを避けて、途中からやや左に進路を取ると、はっきりとした道が斜面をトラバースしています。この道に沿って登って行くと自然とピークへ導かれました。
20181123_Enzangi13.jpg

無名のピークからは10分ほどで本間ノ頭(地形図では東峰)。
20181123_Enzangi14.jpg

本間ノ頭からは、本間橋へ降りる登山道を辿りますが、Co1050付近から下は、地形図の破線より1本西の尾根をCo800付近まで降りてから、さらにトラバースして本間沢右岸沿いを下って、旧丹沢観光センターに到達。
20181123_Enzangi15.jpg

円山木沢は、丹沢らしい滝の登攀主体の変化に富んだ沢でした。
珍しく5人という大所帯のパーティ編成でしたが、そこそこの時間で行動を終了できたのも、リーダーのおかげでしょうか。
スポンサーサイト



2018. 04. 13  
2018. 03. 28  
こないだの水曜日に積もった雪が気になるが、予定どおり矢駄(やた)沢に行く。
地形図の水線が太いのも気になるし。

やっぱりまだ雪が残っている。
nDSC06793.jpg

出だしの堰堤を越えると、釜付きのかわいいF1がお出迎え。
nDSC06795.jpg
浸かりたくないこの時期。へつって越える。

水が綺麗だ。
nDSC06802.jpg

こんな立派な滝も。
nDSC06808.jpg

と!本日の核心がやってきた。
左のバンドから。フリーで登っていったリーダーに続く。ロープで確保してもらう。
nDSC06815.jpg
割とガバがあり、大丈夫なのだがドキドキしてしまった。

ゴーロを挟んで適度に滝が現れ、適度に濡れ・・・飽きさせない。リーダーを。
nDSC06817.jpg

nDSC06826.jpg

nDSC06830.jpg

二俣にて。右俣にはずら~っと堰堤が続いているのが見えて、すごいですね、、、と話していたら、左も堰堤だ。
nDSC06835.jpg

沢でしかしない動きをして、足のスジが久しぶりに伸び、攣りかけた。
nDSC06843.jpg

北面の沢だけど、意外と陽が差し込む。
nDSC06845.jpg

まだまだ続くぞと思っていたが、
標高1000m位で水はほぼ涸れ、沢は雪で埋まる。
nDSC06854.jpg
注)沢の中の風景です

左右の枝沢からデブリが押し出されてきている。
股下までズボッと入ってしまったり・・・
傾斜が強いところもあり、雪がついているおかげで少し難易度が上がっている雪岩ミックスの沢筋を進む。

登山道が最も近づく1160m付近からエスケープ。
nDSC06856.jpg

nDSC06857.jpg

柔らかい雪で滑りやすい登山道を下る。
nDSC06858.jpg

下山後は、天然温泉 いやしの湯へ。
時間が早かったのですいていました。


お疲れ様でした!


nao
2018. 03. 18  
H氏憧れの沢に行く企画~葛葉川本谷編~

沢を始めた人の多くが行くであろう定番の沢・葛葉川本谷に、先輩のH氏はまだ行ったことがない。
行きたい!ということでとんとん拍子に決まった計画。

他のメンバーは初めての葛葉川、私は4回目。
なんで来たの?と言われたが、
沢に行けるならどこでもいいっス・・・あと運動不足解消・・・。

というわけで!
nDSC06744.jpg

意外と滝が多く、ロープを出す滝もあったりして、この時期にぴったりの沢
nDSC06751.jpg

nDSC06758.jpg

アプローチ良く下山路もあり、良い沢だね!という好評価なのでした
nDSC06773.jpg

nDSC06790.jpg
そして自分の成長が実感できる沢です。

nao


2017. 03. 14  
暖かな日差しのもと、今や秘境?となった、
二十女(ハタチガ)沢へ行ってきました。

二十女沢は宮ケ瀬湖から鍋嵐へ詰め上げる沢ですが、
宮ケ瀬湖畔の道路から対岸の二十女沢へ向かう橋が封鎖されてしまい、渡れなくなってしまいました。
そこで今回は煤ヶ谷から登山道を経由して入渓点へ向かいます。

本厚木からバスに乗り、煤ヶ谷で降りて、沢支度を整える。
DSCN2462.jpg

登山口にはヤマビル除けの塩や薬剤が置いてある。
ありがたく使わせてもらう。
(ちなみにヒルはまだいませんでした。ほっ)
DSCN2535.jpg

DSC02097.jpg

物見峠
DSC02102_201703161251346b6.jpg

物見峠から1つ目のピーク。
ここから西の尾根へ入り、二十女沢右岸林道を目指す。
DSC02103.jpg

やせ尾根を過ぎると気持ちの良い尾根が広がる。
このあたりの尾根をうろうろしてみるのもいいな。
DSC02107.jpg

長いアプローチ・・・いや、楽しい陽だまりハイクを経て、二十女沢に降り立つ!
DSC02114.jpg

すると、こんな感じで両側壁に挟まれる。なんだか面白いぞ!
そして、どちらかというと岩がつるつるしている。
DSC02116.jpg

入渓してまもなく出合う枝沢。
上まで壁が続いている。
DSC02117_20170316125141581.jpg

青みがかっている岩。
DSC02125.jpg

DSC02126_20170316125211469.jpg

CS滝
DSC02129.jpg

ここは巻くのも大変なので、リーダーS氏が登ってくれたので助かりました。
ロープを出してもらい、私も続く。
DSC02130_20170316125214928.jpg

きれいな滝が続く。
DSC02132.jpg
落ち葉がたっぷり積もっていて、ずぼっ!とはまるトラップ多し。。。

DSC02140_20170316125217f48.jpg

DSC02148_20170316125219a12.jpg

ナメ床の先に滝が見えてきた!
DSC02150_20170316125220b9d.jpg

ここは巻きます。
DSC02152_201703161252210f2.jpg

ロープを出してトラバースする。
DSC02154.jpg

大岩の上に木が生えているダイナミックな光景
DSC02161.jpg

DSC02162.jpg

すると岩の質が変わる。
青いつぶつぶが埋め込まれているような。。。
落ち着いている時のオームのような?
DSC02169.jpg

なんでしょ?
DSC02170_2017031612524487f.jpg

やがて水は涸れ、落ち葉が積もる中を進んでいくと、
沢の真ん中に塔のような奇岩が現れる。
DSC02172_20170316125245e99.jpg

最後の三俣からガレ沢を詰める。
DSC02178.jpg

鍋嵐の東側の稜線に出る。
DSC02181.jpg

二十女沢は、ちょっと変わった景観と登れる滝が多く、楽しめました。
そして、いつも面倒を見てくれる(見守ってくれる)先輩がいない、自分達だけで行く初めての記念すべき沢になりました。

by nao
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
カテゴリ