FC2ブログ
2018. 11. 04  
F薪です。

9月、10月は仕事、天候不順のために殆ど沢に入れず...でした。
11月3日は晴天を狙い、足尾の小さな沢に秋を探しに行って来ました。

前夜、歌ヶ浜の駐車場で車中泊としましたが、朝はけっこう冷えました。もう秋もお終いでしょうか。
中禅寺湖畔から半月峠まで登山道を歩きます。
半月峠からは、東利根倉沢右俣の源頭をトラバースする道に入ります。
地形図にははっきりと破線が書かれていますが、ハイキングコースとはなっていないようです。
歩けるのかどうかは、現地に行ってみないと分からなかったのですが、昔は広い道があったような平場の中にうっすらと踏み跡が続いていました。
20181103_01.jpg

踏み跡を辿ること15分くらい、東利根倉沢の源頭部が横切るところから入溪。とは言っても、最初はガラガラの不安定な急斜面の下り、かつ水はなし。10分くらい下ったあたりからやっと水流が現れます。
沢は穏やかな流れが続きます。(俗に言う「何にもない」というやつです。)
Co1300付近より下部は、開けた河原が続き、テン場適地がいたる所に。晩秋の焚き火山行にはいいかもしれません。
20181103_02.jpg

東利根倉沢唯一とも言える、10m大滝は右岸を巻き降り、さらにその下の堰堤も右岸から巻いておりると林道跡に出ます。
林道跡は、西利根倉沢(地形図では、長手沢)上流へ延びています。Co1170二俣までは昨年遡行しているので、今日は時間を節約して、林道を30分ほど歩いて二俣から西利根倉沢の左俣へ入ります。
左俣は石積み堰堤2基の後は、Co1320付近までゴーロが続き単調です。昨年は、雨後の水量にだまされて、ついCo1320を右に入ってしまい(記録もないので、もしかしたら...という色気もあり...)、結局大スカを引いてしまった訳ですが、今日は左へ進みます。
写真正面の岩壁で左右に沢が分かれますが、今日だったら絶対に右には行きません...な水量でした。
20181103_03.jpg

左に入ると、大きな滝こそありませんが、適度に滝が続き意外と楽しく遡れます。ぬめぬめの箇所も多く、登る時はなるべく乾いたところを登ったり、時には脇を小さく巻いたりしながら高度を稼ぎます。
20181103_04.jpg

二俣から2時間ほど、Co1600付近からは水もなくなり、涸れた窪を登ります。やがて足首くらいの笹の茂る急斜面となります。
急斜面をがんばって30分ほど登ると、ようやっと社山まで数分の登山道に出ます。
登りの途中からも、足尾側の眺めが開けて開放的ですが、稜線に出ると中禅寺湖が目に飛び込んできて、これまたいい眺めです。
湖畔の紅葉もちょうど盛りです。
20181103_05.jpg

社山からは阿世潟峠、阿世潟経由で歌ヶ浜の駐車場まで戻りますが、途中の紅葉が見事でした。今年最初で(おそらく)最後の足尾になりましたが、秋の深まりが感じられて、穏やかに一日を過ごすことができました。
20181103_06.jpg
スポンサーサイト



2017. 11. 10  
F薪です。

11月の三連休前半は、8月以来の泊まりの山行で足尾の沢へ行って来た。
松木川の奥地へ足を運ぶのは2014年の5月以来である。
当日朝、銅親水公園へ集合するが、東北道で事故渋滞があり、予定より出発が1時間ほど遅れた。
とは言え、初日は丸石沢(登山大系の呼称による)出合付近まで入れればいいと思っているので、焦らずに出発する。

足尾の沢の例に漏れず長い林道歩きがあるが、岩峰や支流の滝の眺めを楽しみながら、青空の下、遡行を続ける。
松木川と言えば必ず写真に撮られる淵は、浸かって越える季節ではないので、左岸から巻いて越える。
Ashio3_01.jpg

時間も丁度言いし、まあ、長い河原歩きにも飽きたので、ニゴリ沢出合先の左岸台地をテン場と定め、薪を集めて火をつける。
乾いた薪は、苦労することも無く燃え上がり、久しぶりに焚き火の夜を過ごすことができた。
Ashio3_02.jpg

Ashio3_02b.jpg

Ashio3_02c.jpg
当初は単独行の予定が、急遽新入会員のONさんも加えての4人パーティとなり、賑やかな一晩であった。

翌朝は7時過ぎにテン場を出て、本流をしばらく遡った先、右岸から出合う丸石沢へ歩を進める。
出合だけちょっと滝っぽい感じだったが、すぐに本流を小規模にしたようなゴーロの沢に。両岸にテン場適地が広がり、一夜を過ごすにはよさそうだが、沢登りとしては単調さは否めない。
が、出合から40分ほど遡ると、傾斜の緩いナメ滝が登場。まるでハナゲノ滝(湯檜曾川東黒沢)のようだ。規模は10分の1くらいだけど...
Ashio3_03.jpg

そして、足尾版ハナゲノ滝を越えると、前方に10mの滝が続く。ぬめっていていやな感じもあるが、左壁を登ることができそうだ。
新入会員もいるので、念のためロープを出して登る。落ち口の潅木が大変邪魔くさいが、比較的簡単に登ることができた。
Ashio3_04.jpg

その後しばらくの間、5mから8m程度の滝が続き楽しく遡行ができる。
Ashio3_05.jpg

滝場が落ち着くと、流れも細くなりいよいよ源頭かと思ったところで、傾斜の強いスラブ滝に行く手を阻まれる。
Ashio3_06.jpg

右岸から巻きにかかるが、結構上まで追い上げられてしまった。高巻きながら沢を覗きこむと、写真の滝の上にも、更にスラブ滝が続いている。ひとまず写真の滝の落ち口上へ懸垂下降を試みて上段の滝を見ると、傾斜も緩んで普通に登れそうだ。
とは言え、スリップすると下まで真っ逆さまなので、ONさんはロープで確保しつつ、上段を越える。
その先は狭いルンゼ状となるが、前方、稜線直下が岩壁となっており、登るのにも苦労しそう(岩ぼろぼろ)なので、尾根に上ってしまった。
尾根上は、少々倒木がうるさいものの、概ね歩きやすく、おまけに主稜の少し手前には、うっすらとトラバースする踏み後が続いている。踏み跡を辿ると自然にCo1745鞍部に導かれる。

Co1745のコルからは仁田元沢へと下降する。単調ではあるが、台風の影響か水量が結構多い。
Ashio3_07.jpg

下流部は、紅葉の赤と花崗岩の白のコントラストが美しい。
Ashio3_08.jpg

天候は今ひとつだが、盛りの紅葉の中、少々急ぎ足で下降を続けた。
Ashio3_09.jpg

暗くなり始める頃、銅親水公園まで戻り、リニューアルした「かじか荘」で冷えた身体を暖めて解散となった。
長い林道歩きとゴーロ歩きはあったものの、丸石沢は滝も適度に懸かっており楽しめた。
もちろん焚き火は大成功で、来てよかったなあと感じた2日間になった。
2017. 06. 18  
F薪です。

仁田元沢は、数年前に松木川の支流を遡ってから、庚申山を経由して下降したことがある。
穏やかな上流部から下流に向かうにつれダイナミックな溪相に変わり、きれいな谷だという印象が残っている。
もっとも、ゴルジュや大滝とは無縁の、いわゆる"癒し溪"に属する谷ではある。

諸事情により、早朝発日帰りが条件である。本流ではなく、滝があるらしいという情報に基づき、左岸の枝沢を登って、石塔尾根を下山路に選んだ。JunH氏と二人パーティである。

朝8時少し前、銅親水公園の駐車場に到着したが、既に暑い位の陽射しで、青空が広がっていた。
本流下部は、こんな青空が似合う溪相だ。下山の尾根からの展望も期待できそうに思ったが...
仁田元沢01

林道を1時間ほど歩いて、最後の堰堤を左岸から巻き、ゴーロの河原に降り立つ。10分ほど歩くと、小滝が現れる。釜が深く、水の色がきれいだ。
仁田元沢02

ほら、やっぱり青空をバックにするといい感じだ。
仁田元沢03

このトイナメのあたりは、下降した時に一番印象に残った箇所である。相変わらずきれいであった。
仁田元沢04

最初の1時間ほどは、大きな滝こそないが、大きな岩の乗っ越しなどもあって、思ったより面白く遡行することができた。
標高1110m付近で、右岸から細い流れを合わせるが、そこからはゴーロ歩きとなり少々退屈だ。
1162m地点で合流する枝沢は、ガレっぽい感じで水量もあまりない。
今日はその先の1255m付近で合わさる枝沢を遡る予定。長く感じるゴーロ歩きを続けると、左岸からやはりゴーロで目的の枝沢が合流する。ゴーロの奥に滝が懸かっているのが見えるので、期待を持って進むと、最初の2段8m滝から連瀑帯となる。

2段滝の滝を越え、さらにひとつ滝を越えると二俣。左は奥まで傾斜の緩い滑滝が続いている。なかなかいい感じ。
仁田元沢05

ナメ滝の上では、谷が右に屈曲して、2段になったトイ状の滝を落としている。
下段を登るJunH氏。
仁田元沢06

中間から、上段を望む。
仁田元沢07

連瀑帯は30分ほど続き、なかなかいいじゃないと言い合いながら進むも、標高1380m付近の分岐を左に入ると、ほぼ水が涸れてしまう。うーん、ちょっと短かかったかな...。
しかも、鹿の屍(の残骸)があちらこちらに散乱している。さっき、水汲んだばかりですが...。
そこから標高差200mほどは、修行の詰め。最後は左の尾根に乗って膝丈の笹原を急登。息をきらせて尾根に詰め上げた。
尾根上には、なかなかいい道が続いている。

1704m峰を越してしばらく行くと、松木川の渓谷が見下ろせるようになる。
ただ、残念ながら雲が出てきてしまい、遠望はあまり利かなくなってしまった。
仁田元沢08

振り返ると、1704m峰から伸びる頂稜がいいかたちに望まれる。
仁田元沢09

中倉山は秘かに人気なようで、何組かのグループが行き来していた。
仁田元沢10

中倉山からは南に伸びる尾根を急降下。滑りやすい箇所もあるが、概ねいい道が続いていた。(単調なので長く感じるけれど)
仁田元沢11

枝沢の滝場は、予想より小ぶりだったがなかなかに変化に富んでいたし、朝の天気が続けば、稜線歩きも展望闊達で楽しめそうだ。
中途半端なスケジュールなりに、1日楽しめた。
2016. 05. 26  
Fさんが企画した栗原川ツバメ沢・砥沢・八林班沢に参加しました。
前日に都内を出発し、道の駅に前泊。軽く前夜祭を行い1時過ぎに就寝し、翌21日は6時半に出発。14日に開通したばかりの栗原川林道を行きます。林道に車を停め、身支度を整えスタート。体験山行の方を含め、総勢6名となかなかの大所帯。まずは、林道脇の斜面を下り、ツバメ沢に入って行きます。
IMG_0335 (1)
こんなかんじのナメがところどころ出てきます。
IMG_0341.jpg
立派な滝もありました。
IMG_0354.jpg
この滝は右岸を巻いて下ります。下から見るとなかなか綺麗な滝です。
IMG_0356.jpg
小滝を下降したり、楽しい遡行が続きます。
IMG_0367.jpg
1時間半で出合に到着し小休憩。休憩中、不動滝の方が気になるとのことで偵察に行っていた方が。その先には何が?IMG_0375.jpg
なだらかななかに、小滝が続きます。水量も多く、腰まで浸からなければならないところも。
IMG_0379.jpg
Fさんがどこを登ろうか思案中です。
IMG_0389.jpg
右岸を登ることに。ふと右岸を見ると、既にMさんが。
IMG_0391.jpg
最初の一歩が微妙でした。
IMG_0396.jpg
小滝が連続する奥に、大きな滝が!
IMG_0401.jpg
と思ったら、堰堤。ここは、右岸を巻きます。
IMG_0404.jpg
堰堤を越えると十林班沢との出合です。そこから先は、一旦河原歩きとなるが、しばらくするとまた滝が復活します。

この滝は、右から。
IMG_0428.jpg
落ち口に出るところは、油断禁物!
IMG_0431.jpg
綺麗なナメの先には、また堰堤が。右端にちょうどいい具合に木があったので、それを使いながら登りました。
IMG_0437.jpg
IMG_0445.jpg
堰堤から先は平凡なゴーロ歩きに。八林班沢に入り、そろそろ終わりかな?と思ったところで、最後に滝が!
IMG_0447.jpg
ここは、Fさんが左岸を高巻き、滝の上に出たところでザイルを出してくれました。滝の右側のグズグズの斜面を確保してもらい、登ります。私は、なかなか上手く登れず、グズグズしてしまいました。。
IMG_0473.jpg
この滝を過ぎると、フィナーレのナメがお出迎え。
IMG_0478.jpg
ナメの先の石積みを越えると、すんなり林道に出れます。
IMG_0480.jpg
IMG_0481.jpg
IMG_0484.jpg
アップダウンがある林道を40分程歩き、車に戻り終了です。
IMG_0490.jpg

初夏を感じる陽気のなか、充実した山行となりました。

2014. 11. 03  
11月に入り、沢登りの季節もそろそろ終わり。中級山岳では紅葉の盛りを迎えたこの時期、そうだ、足尾に行こう。

kamanosawa-gainen.jpg
栃木県は日光に近い松木川の釜ノ沢。今回は右俣を遡行し左俣を降りてくる1泊2日の計画である。

PB010001-s.jpg
出発地のわたらせ渓谷鉄道、間藤駅。紅葉の季節とあって結構賑わっている。ここから徒歩で松木川へ。生憎の雨模様である。

PB010006-s.jpg
松木川の林道を抜けると平凡な河原歩き。しかし両岸は岩壁が屹立し、凄愴な雰囲気が漂う。写真は小足沢出合の大滝。

PB010007-s.jpg
PB010009-s.jpg
釜ノ沢出合付近では紅葉が雨に濡れて情感を漂わせていた。

PB020013-s.jpg
翌日、二つ玉低気圧の間の高圧帯に入ったためか、晴れる。釜ノ沢の二俣付近に張ったテントを気分よく出る。

PB020014-s.jpg
釜ノ沢は大きめのゴーロが続き、やや歩きにくい。晴れて暑いくらい。

PB020017-s.jpg
妙義のような大岩が現れる。

PB020019-s.jpg
源流のナメ。

PB020020-s.jpg
今回の核心部、詰めの岩壁帯が屏風のようだ。とりあえずルートを見出すべく、ゴーロを登っていく。

PB020023-s.jpg
幸い、1か所だけ傾斜の緩いガレが続いている場所があった。

PB020029-s.jpg
無事に国境稜線に到着、皇海山を望む。

PB020031-s.jpg
国境稜線上は丈の低い笹が芝生のようだ。これぞ足尾の情景である。

PB020037-s.jpg
下山は予定を変えて右俣・左俣の中間尾根を辿った。歩きやすい尾根で、あっという間にテンバに戻った。

ritani
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
カテゴリ