FC2ブログ
--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018. 10. 13  
恒例秋の集中は、谷川連峰朝日岳集中で実施された。3班に別れB班はナルミズ沢から、C班はウツボギ沢から、そして我々A班のMリーダー、Fさん、Sは湯檜曽川大倉沢から朝日岳山頂を目指した。前夜みなかみ水紀行館にて先に到着していたB班と合流し情報交換しいつものように軽く寝酒を飲って就寝する。冷え込みが強いので念のためテントを設営した。
ookurasawa-1DSCN6270.jpg


翌日は、6時過ぎに水紀行館を出て白毛門登山口駐車場にて手早く身支度を整え7時過ぎに出発した。天気は晴れ、気持ち良く湯檜曽川右岸の林道を進んでいく。
ookurasawa-DSCN6220.jpg


ゼニイレ沢方面をみると上の方は紅葉が始まっている。
ookurasawa-DSCN6223.jpg


武能沢を通過したところで登山道からはずれ踏み跡を辿っていき、湯檜曽川魚止めの滝上部に入渓する。駐車場から2時間ちょいといったところだ。
ookurasawa-DSCN6233.jpg


しばらく平凡な河原をいき、左手から白樺沢が1:5で交わるところを過ぎると釜つきの2m滝がでてくる。これは左を登ってクリアし、その上の浅い淵も左をへつってクリアする。
ookurasawa-DSCN6239.jpg


その上の釜つき2mと3mの2段滝は、釜に腰まで浸かって左に取りつきクリアした。
ookurasawa-DSCN6243.jpg


その上部で沢が右に折れるところから通称「鰻の寝床淵」が始まる。淵に胸まで浸かって右側に取りつき2m程の高さにある草付きバンドに登り巻く。
ookurasawa-DSCN6251.jpg


50mほど行ったところで一旦降りて、右へ左へと歩きやすいところを選んで進んでいく。
ookurasawa-DSCN6255.jpg


流れが1m程度に絞られているところは、右壁を2m登り廊下状を歩いてクリアした。
ookurasawa-DSCN6259.jpg


6m滝が懸かるところで流れは今度は左に屈曲する。滝は左を簡単に登ることができる。
ookurasawa-DSCN6263.jpg


その先に大きな釜を持った15×40mのスラブ状滝がでてくるが、右側を楽に登れる。
ここら辺から前方に流れは細いが巨大な滝が見え始める。
ookurasawa-DSCN6267.jpg


4m滝の左を登ると全貌が見えてくる。
ookurasawa-DSCN6272.jpg



右から大倉沢が6m2条滝で合わさり本流は左に4m滝を伴いその先で直角に曲がり正面から圧巻の抱き返り沢が80mの連瀑をかけ合わさっている。しばしその景観にくぎ付けになる。
ookurasawa-DSCN6273.jpg



大倉沢にかかる二条滝は下が滑っていてザイルをだしてMリーダーがリードする。水流右を登るが最初からシャワークライムとなりどうにか突破する。
ookurasawa-DSCN6274.jpg


続く6m滝も右の中段まで登りそこからをザイルをだしてMリーダーがリードする。ピンを1個打ちクリアするが、ここも水流沿いのシャワークライムとなり、びしょびしょ状態で寒くなってくる。5m幅広の滝は左を登ることが出来た。
ookurasawa-DSCN6285.jpg


右から細い流れが10m以上の滝を懸けて3本合わさるところで流れは左の方に曲がっていく。
ookurasawa-DSCN6288.jpg


釜を持った2m滝、3m滝2つが連なるが、何れも快適に登ることが出来る。
ookurasawa-DSCN6290.jpg


昼食休憩を軽くとり、少し行くと10m滝が出てくる。
ookurasawa-DSCN6293.jpg


右の草付きルンゼを少し登り、ロープを出して左方向にトラバース気味に2ピッチに刻んで処理した。落ち口右へのトラバースがポイントだった。
ookurasawa-DSCN6294.jpg


続いて出てくる3段曲がり滝25mは、右のルンゼ状を登り、左へトラバースしていく最後の草付き岩場はお助けをもらってクリアする。
ookurasawa-DSCN6295.jpg


その先は急なゴーロ状となり、しばらく行くと右が崖状となるところは少し平たく開けていて大倉沢唯一のテン場適地だ。
ookurasawa-DSCN6300.jpg


そこを過ぎると、大滝35mとなる。
ookurasawa-DSCN6302.jpg


滝の右のルンゼに取りつき、10m程登ったところからザイル2本つなぎMリーダーがリードした。特に難しいところは無く滝上まで一気に登れる。
ookurasawa-DSCN6305.jpg


その先も大きなスラブ状のスロープ滝18×35mがかかる。簡単に右を登ってクリアする。
ookurasawa-DSCN6310.jpg


両側にスラブ壁が出てくるようになり、同様のスラブ状スロープ滝や小滝をいくつか越えていく。
ookurasawa-DSCN6315.jpg


Co1300mの1:1二俣では2m滝がかかる左俣に入る。
ookurasawa-DSCN6320.jpg


両岸が迫ってきて6m二段滝右から左を登る。正面の細い流れをかけた25m斜滝と合わさるところで本流は5mの滝を懸けて右に折れる。
ookurasawa-DSCN6321.jpg




5m滝を越えるとすぐにゴルジュとなる。
ookurasawa-DSCN6323.jpg



4mチョックストーン滝はMリーダーが空身で左からトライし、微妙なへつりバランスで登りきる。
ookurasawa-DSCN6326.jpg



セカンドのFさん、ラストの自分は、左壁下に適当なスタンスを見つけられず取りつくことができない。ここでかなり体温を奪われ震えがくる。結局、チョックストーン下の右側の水流をもろにかぶりながらの突破となり、震えが止まらなくなる。この滝が核心だったかな。


その先の4m滝上部は、空身となって右側を登る。Mリーダーにお助けを出してもらう。
ookurasawa-DSCN6331.jpg



まだまだ、ゴルジュは続き、5mの滝は右側のバンドに取りつき、上部で残置スリンゲ2カ所を利用して落ち口にトラバースするが、ここでラストの自分は足を滑らせ4m落下し岩にメット左側面をぶつけた衝撃でメガネの左レンズが外れ紛失。幸いけがは無く替えのメガネに交換して今度はお助けを出してもらってクリアする。
ookurasawa-DSCN6334.jpg



続く2m滝はリーダーが微妙なへつりで右壁をクリア。後続は、空身のゴボウで中央突破する。
ookurasawa-DSCN6335.jpg


滝上で日が暮れてきたのでヘッドランプを出す。次の5m滝は念のためロープを出してMリーダーが右壁を登りクリア。後続はヘッデン頼りにホールド、スタンスを探しどうにか登る。
ookurasawa-DSCN6336.jpg



ゴルジュは終わったが4m、6×10m滝と続き適当な更地が見つけられない。相変わらずヘッデンでは足元がおぼつかないので、ザイルを引いてクリアしていく。
ookurasawa-DSCN6338.jpg


続く、12×35m滝の途中にどうにか5人用テントの3/2ぐらいを設置できそうな場所を見つけ今日の泊り場とする。Fさんは低体温症気味でまずい状態だったがテントで着替えてどうにか一息ついた。テントに入れば住めば都の暖かさでFさんの西洋風料理に舌鼓をうち楽しんだ。


翌日は、ガスの中。泊り場は、スラブ状滝の途中の奇跡的にある平坦部だった。早速残りの部分を登る。
ookurasawa-DSCN6342.jpg


なかなかスラブ状滝は終わらず結局100mぐらい続いた。3mのネジレ滝は左から入り上は右を登る。
ookurasawa-DSCN6346.jpg


5m滝を簡単に越え、続く17m二段滝の下部でトラブル発生。右の枝沢に懸かる6m滝を5m程登り、17m滝の中段に向け左斜め上にトラバースしているところ、ラストの自分の足場が崩れ6m滑落する。右足かかとと左脚膝を強打し、しばらく痺れていたがどうにかなるので遡行再開。今度は念のためザイルをもらいクリアする。
ookurasawa-DSCN6349.jpg


上段10mは、左をザイルを出してMリーダーがリードする。
ookurasawa-DSCN6350.jpg


4mトイ状滝は左を登る。前の滝で私が落ちたので念のためザイルを引いて登った。
ookurasawa-DSCN6354.jpg


5m3段、4m2段、6m3段、8×10m滝と続くがいずれも簡単に登れる。
ookurasawa-DSCN6355.jpg


ガスのかかる中、1:1の二俣となる。左沢には20m2段滝がかかっていてこちらを行けば朝日岳直下に出るが、右沢を選んで遡行を継続する。
ookurasawa-DSCN6357.jpg


6mの岩組滝は滝下の水を浴びて左から右に移り登った。朝から少々寒い。
ookurasawa-DSCN6360.jpg


その先、両岸が立ってくるところにかかる7m滝は、ザイルを出して右の残置スリンゲを頼りに右壁を越えてクリアした。
ookurasawa-DSCN6364.jpg


その先は、源流の詰めとなり、特に大きな滝も無くひたすらゴーロを詰める。
ookurasawa-DSCN6372.jpg


そのうち気持ちいのいい草原上の窪みとなっていく。
ookurasawa-DSCN6376.jpg


しかし、その先笹薮にナナカマドやダケカンバ更にはシャクナゲとハイ松の混じるハードな藪漕ぎとなり30分以上あがく。
ookurasawa-DSCN6377.jpg


とやっと登山道に出ることが出来た。
ookurasawa-DSCN6379.jpg


朝日岳を望めるところまで行くと、山頂から2人が手を振っている。先に着いたB班の面々だった。
ookurasawa-DSCN6380.jpg


昼食をとっているとC班のメンバーも登ってきて、めでたく集中完了となる。
最初から待っていたB班は集合写真を撮った後、そそくさと下山を開始する。B班、C班は昼食を取った後、12時過ぎに下山開始。
ookurasawa-DSCN6390.jpg


笠ガ岳まで1時間程度アップダウンを繰り返す。
ookurasawa-DSCN6393.jpg


続く白毛門はそそくさと通過し一気に松ノ木沢の頭まで行く。
ookurasawa-DSCN6402.jpg


いつもの木の根っこがかかる急坂を下り、16時前に白毛門登山口の駐車場に到着した。
ookurasawa-DSCN6405.jpg


自分的には2度も落ちてしまい悔いが残るが、山頂集中も完了でき秋の紅葉を愛でながらで満足のいく山行であった。ただし、この時期に水をかぶらなければならない沢は避けた方が無難だろう。



bema
スポンサーサイト
2018. 10. 01  
湯檜曽川本谷に続いて2日目は芝倉沢を遡行。
芝倉沢1
下流部は何もないかと思いきや、小~中規模の滝が続く。

滝に続いて堰堤が見えると、その上が登山道になっている。
芝倉沢2

屈曲部周辺・その上部は巨岩帯が続き、ゴ-ロ滝が続くがとくに難しいところはない。
芝倉沢5

左岸側はスラブの絶景となり、しばしば足を止めて見とれる。
芝倉沢6

どんどん高度を上げていく。
芝倉沢7

奥の二俣で左に入るとぬめった滝。ル-ト取りを間違えなければノ-ロ-プで行ける。
芝倉沢8

最後までわりと沢型がしっかりしている。
芝倉沢9
少々藪を漕いで稜線に出る。谷川ならではの景観。
芝倉沢10
少々紅葉してきてる。

芝倉沢はとくにこれといった特色のない沢だったが、足慣らしで登るには良いかもしれない。

下山は一ノ倉岳から中芝新道を下山。一部崩壊・不明瞭箇所あり悪い下山となる。
2018. 09. 30  
チーム生中(いくちゅう)で湯檜曽川本谷と芝倉沢に行ってきました。
(チーム生中:「会の先輩M氏とは実は中学校が一緒」なことによる勝手なネーミング)

芝倉沢出合をベースに1日目・湯檜曽川本谷~峠沢、2日目・芝倉沢という欲張りな計画。

湯檜曽川といえば、白毛門沢より奥にまだ足を踏み入れたことがない。
しかも通常1泊2日で行く湯檜曽本谷を日帰りで行くという。どうなることやら。。。楽しみだ♪

マチガ沢手前の駐車スペースまで車で行くつもりだったが、西黒沢の橋は流されてきた石が堆積しているため断念。
nDSC09360.jpg
歩き出すと、谷川岳ロープウェイ駅からの「本日は快晴~」とのアナウンスが聞こえてくる。

今回のベースとなる芝倉沢に泊まりの荷物をデポし、武能沢出合先の魚留ノ滝があるゴルジュの上から入渓する。
nDSC09368.jpg

早速ナメが現れる。
nDSC09376.jpg

nDSC09383.jpg

ダイモンジソウがたくさん咲いていた。
nDSC09384.jpg

白樺沢を過ぎ、右岸に広がるスラブに目を奪われる。
nDSC09387.jpg

右に目を移すと一気に幅が狭まり、面白い。これがよく写真で見るやつか。
nDSC09389.jpg


nDSC09397.jpg

次の屈曲部に懸かる滝。
迫力があるなぁと思っていると、「増水してる!」とM氏。
nDSC09405.jpg

ナメ滝を越えて十字峡にやってきました。
大倉沢が右から流れ込む。
nDSC09413.jpg
またも「増水してる!」とM氏。

本日の抱き返り沢。
nDSC09415.jpg

nDSC09419.jpg

グリーン色が綺麗です。
nDSC09426.jpg

浸かったり、へつったりしていくと、綺麗な滝が現れました。
nDSC09428.jpg

左端を登ってから巻きに入ります。
近づくとこれまた迫力があります。
nDSC09431.jpg
滝なのに時折波がドッパーンと押し寄せてきて濡れてしまいました。

上段はロープを出して左壁を登ります。
下から見上げると不安になりますが、登ってみると大丈夫でした。
(残置ハーケン3つあり)
nDSC09432.jpg
この上はナメ状なのでスリップに注意して上がると、

ナメ滝が続いて楽しい。
nDSC09437.jpg


nDSC09441.jpg

nDSC09459.jpg

と!大きめの滝が出てきました。(写真奥の滝)
nDSC09465.jpg
ここはどうするのだろう?と思っていると、滝の裏側を通って左壁を登る、というのでびっくり。
カッパを着込みます。

こんな感じで・・・激シャワーです(笑)
nDSC09467.jpg

nDSC09471.jpg
確かに、滝裏のバンドは幅が広く安定して歩けるし、左壁も登りやすい。
激シャワーだったけど・・・終わってみれば楽しい。
コンタクトにしてきて良かった。眼鏡の人は前が見えなくなります!

そしてこちらの滝は今までと岩の雰囲気が違います。
nDSC09480.jpg

左岸から巻きました。
nDSC09482.jpg

釜を一瞬泳いで取りつきます。
穴のようなホールドに指をかけることはできましたが、なかなか上がれずお助けひもをもらいます。
nDSC09486.jpg

もう大きな滝はないだろうと思っていましたが、大滝が!
nDSC09489.jpg

水量は多いですが、下部は直登できます。
nDSC09491.jpg

その後、ロープを出して左のルンゼを登ります。
取りつきがオーバーハング気味ですが・・・
nDSC09492.jpg
微妙な1歩があり、落ちるかも~(汗)と思いましたが、勇気を出して上がったら大丈夫でした。ほっ。

上部は草付をトラバースして落ち口へ。
踏み跡があり、結構踏まれているので安定して歩けました。
nDSC09494_20181001005519442.jpg

この辺りは穏やかで、ほっと一息つきます。
nDSC09496.jpg

峠沢に着きました!
送電線が良い目印になります。
nDSC09497.jpg
出合に懸かる滝を登ると、左から落ちる7m滝となり、前と左右は壁に囲まれてしまいます。
峠沢はエスケープ向きの沢かと思ってましたが、これは想定外でした(笑)
地形図をよく見ると確かに滝っぽい。
峠沢出合手前右岸にあった謎のトラロープを思い出しましたが(後で調べたら巡視路の目印だったようです)、少し戻った斜面から巻いて沢に戻りました。

以降は小滝がちょこちょこ。なぜか釜が深い。
nDSC09501.jpg

最後は笹ヤブを漕いで登山道に出ました。
nDSC09506.jpg
ここから芝倉沢までが結構長い。

nDSC09504_20181001005450039.jpg
ウメバチソウ・・・かな?

nDSC09505.jpg
アカモノ

登山道から本谷に懸かる滝が見えました。
峠沢の先にも大滝が・・・。
nDSC09512.jpg
(中央の白っぽいやつ!)

nDSC09515.jpg

ヘッデン下山になってしまいましたが、芝倉沢でハコネサンショウウオさんに出会えたからよしとしよう~。
nDSC09516.jpg

登山道が芝倉沢を横切るあたりの小さな河原にタープを張る。
足を伸ばして寝たらちょうどぴったりなサイズだったが、小さいながらも楽しい我が家となった。


翌日の芝倉沢につづく・・・。

nao
2018. 08. 14  
沢での足慣らし2回目は赤谷川の渋沢を遡行した。この沢は、数年前の晩秋にリーダー会員のMさんが遡行しているが、あまり記録を見ない沢だ。Mさんの山行報告によればスカではないらしいし、特に難しい沢でもないようだ。
笹穴沢も候補に挙げていたが、まだ膝の具合に不安があったので、行程が短い渋沢を選択した。

単調な部分が多いものの、中盤の連瀑帯は登れる滝が続いてなかなか楽しい。
川古温泉から大源太山への林道・登山道には少ないながらもヤマビルが生息しており、今回往路復路で靴下を貫通するように一カ所ずつ血を吸われた。

入渓点付近。沢靴に履き替えているときに、沢靴に小さな蛭がたかっていた。
このとき既に左足の外側の踝の辺りを吸血されていたが、気付いたのは登山道に出てアプローチシューズに履き替えるとき、靴下の黒いシミを見たときだった。
DSCF8354.jpg

下部がハングした6M滝。直登は難しいだろう。
左手前の斜面を登って滝上のゴルジュもまとめて巻いた。下降はちょっと急なガレルンゼだ。
DSCF8360.jpg

瀑風凄まじい18M滝。沢の規模とは不釣り合いな瀑風で、舞う飛沫で瞬時に服が濡れた。
細い水流のある左岸のルンゼを登って巻く。ルンゼを20Mほど登った所にトラロープの残置があった。
DSCF8364.jpg

18M滝を巻いた後は、しばらく平凡な流れが続く。
DSCF8369.jpg

1150Mで右岸に枝沢を分けてから少し進むと、連瀑帯となる。
この連瀑帯に懸る滝は、どれも水流近くを登っていけるので楽しい。写真は8×12-4Mと続く2段のスラブ滝。
DSCF8382.jpg

連瀑帯を過ぎて少し遡行すると、瀞状の釜の7M滝が懸る。右側が笹交じりの斜上バンド状になっている。
DSCF8390.jpg

1350Mでは10Mの滝を懸けて本流が枝沢に注ぐ形になっている。
DSCF8391.jpg

左が顕著な岸壁、沢床はガレっぽくなってきて、左右に枝沢を分けると、いよいよ水流は細くなりボサに覆われてくる。
15分前後藪の斜面を登ると登山道に出る。
DSCF8398.jpg

大源太山を経由して川古温泉へ戻る。左手には荒涼とした谷川主稜線を成す山々が、右手には群馬のなだらかな山々を手前に沼田の街や赤城山まで見渡せる。
DSCF8405.jpg

翌日天気が良ければ笹穴沢を登って、平標山の家でテントを張って流星を見ようという計画も立てていたが雨になるようなので迷わず取止めた。代わりに、晴天が予報されている飯豊方面の登山道を歩くことにした。
2018. 08. 05  
何度か登山道歩きを重ねて、何とか下山もできる程度に膝が回復してきたことが分かったので、今度は沢で様子を見ることにした。まずは短めで簡単そうな沢に登ってみようと白樺沢を選んだ。計画は少し欲を取り入れて、登山道横断地点まで登ってケサ丸沢というものだったが、左膝が痺れてきたので下降はカット、とは言えそれだけではあっけないので白樺沢を最後まで詰めてみた。

IMG_3050.jpg
土合橋から入渓点を目指す。快晴。

IMG_3051.jpg
いつの間にか湯桧曽川に馬が・・・。

IMG_3057.jpg
武能沢の先から踏跡を辿って湯檜曽川本流に降り立つ。久々の沢。先行者の足跡に幾分興醒めしたものの、やっぱり良いねぇ。

IMG_3058.jpg
間もなく白樺沢出合に着いた。出合はかなり貧相だな。

IMG_3062.jpg
両岸に草付を見ながら、岩盤を穿つ水流沿いを遡行する。
雪国らしくて良い。奥多摩、丹沢より谷川を選んだ甲斐があるというものだ。

IMG_3063.jpg
出合に到着。右はケサ丸沢の4M滝、左は白樺沢の30M大滝。
大滝は左壁が明瞭な段差になっていて登りやすい。上部(写真のどのあたりからかは分からない)は右側を登った。

IMG_3064.jpg
大滝中段からケサ丸沢を見下ろす。

IMG_3067.jpg
大滝上部。右壁を登っている。

IMG_3073.jpg
大滝を過ぎても滝が断続的に現れるが、いずれもルートはすぐに見て取れる。

IMG_3076.jpg
数少ない巻いた滝の一つ。ほとんどの滝は直登できる。

IMG_3080.jpg
先行パーティが登攀中にたどり着いた滝。ここから先行パーティと少し間をおいて遡行する。
この辺りから左膝が少し痺れてきたので、ケサ丸沢の下降をやめることにした。

IMG_3082.jpg
登山道横断地点を過ぎてから二つ目の分岐を右に入ると湧水が出ていた。
ここで持参のペットボトルのお茶を飲み干して、満タンに給水。

IMG_3084.jpg
稜線が近いようでいて、なかなかたどり着かない。5M前後の滝が4つ、その後笹が覆い被さってきて藪漕ぎになる。

IMG_3085.jpg
藪を抜けると稜線直下に広がる草原に出た。
稜線上の登山道との間を隔てる上部の藪は大した労もなく抜けた。

IMG_3093.jpg
登山道に出て、蓬峠の登山道分岐へ向かった。

白樺沢は特に困難なところもなく、草付の広がる上越らしい雰囲気を味わえる手ごろな沢という印象だった。
ガイドブックにも紹介されており、首都圏からも近いとなると、遡行者もそれなりにいるのもうなずける。
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。