2017. 10. 06  
この2年連続で藪を避けて雪のついた春山に朝日北部の鍋森周辺を周遊してきた。どこまでも続くたおやかな雪のべったりついた稜線歩きが印象に残った山行であったが、土地勘もあるので今度は沢の溯下降を組み合わせて周遊する計画として、梵字側小沢遡行~ネズックラ沢下降の計画をたてた。

Bonji-_DSCN4176.jpg

前日夜から東北道をとばし、5時間半ほどで道の駅西川に到着する。週末の天気予報は、9/30(土)に午後3時過ぎから7時頃まで小雨がありそうだか総じて晴予報で問題がなさそう。寒気が入り込んできていてかなり寒いが、明日の行程を確認し6時早々に出発として、軽く寝酒をやって就寝した。翌日、月山第一トンネル鶴岡側出口の駐車場に車を止め、7時ちょい過ぎに出発する。

Bonji-DSC05288.jpg


トンネル脇の藪を軽く漕ぎ沢形に出て少し下降し、左から出会う本流を少し登ったところの右からの小さな流れに入り植林帯の中を歩くとなんと山道がついていて隣の引越沢(いつ沢)まで横断する。

Bonji-DSCN4034.jpg


引越沢に出ると赤テープがついていて山道が続きそれを辿っていくと目的の西綻沢に出発から50分程度で容易にたどり着くことができた。2m程度の川幅の平凡な渓相の西綻沢を遡行していく。4m程度の何れも簡単に登れる滝が数個あるが大きな滝は特に無く、970mのコルに10時前に詰め上げる。

Bonji-DSC05303.jpg


梵字川小沢の右岸の枝沢を下降していく。途中ヒラタケが出ていたので少し頂戴する。

Bonji-DSC05324.jpg


3-4m程度の岩滝が多数連続するが、いずれもクライムダウン可能で高度を下げていくと4mの板状の滝を懸けて小沢と合わさる。枝沢から小沢への下降点の滝が難しいのではないかと予測していたが左岸の溝を降りることができた。

Bonji-DSCN4077.jpg


小沢は5-6mの川幅で白っぽい石がごろごろした明るい印象の沢だ。

Bonji-DSCN4078.jpg



しばらく単調な河原が続くと、1:1で右俣と出合う。

Bonji-DSCN4083.jpg



左俣を遡行していくと4x8mの滑滝、2mの幅広滝が出てくるが、何れも簡単に登れる。

Bonji-DSCN4086.jpg



再び河原が続くようになり、左から10mの滝を懸けた枝沢が入ってくるところで昼食休憩をとる。かたわらの水たまりには魚が5-6匹泳いでいる。


Bonji-DSCN4088.jpg



このころから雷鳴が聞こえ始め雨がポツポツと降ってくる。昼食もそこそこに雨の中、遡行を再開するとすぐに連瀑帯に突入する。最初の2mの釜を持った滝は左をへつって越えていく。

Bonji-DSCN4090.jpg



続く4mの2段滝、6x10mくの字滝、4m滝と続くが何れも釜を持っていて、左或いは右をへつって越えていく。


Bonji-DSCN4092.jpg


比較的大きな8mのスダレ状滝は右側を登ることができた。

Bonji-DSCN4096.jpg



続く逆相気味の4m滝は、雨で滑りそうなので右を小さく巻いて突破した。

Bonji-DSCN4097.jpg



次の3m滝は左、2m、2x5m滝は右といった具合に登りやすそうな方を選択していくと、細い流れが左と右から流れ込んでくる。そこを通過すると深い釜をもった、2m滝が太い流れを勢いよく落としており、取り付けそうにない。諦めて右を巻く事にする。

Bonji-DSCN4106.jpg



巻き登っていくと、続く4mの滝も勢いよく水を落としているのが見え登れそうになく、かなり上まであがってまとめて巻くと、東俣沢出合を過ぎた小沢の滝上に降り立つことができた。


Bonji-DSCN4108.jpg


東俣沢出合の4m滝上に小沢からトラバースして遡行を継続する。最初の釜は、左をへつる。何れも6mの滝を伴った枝沢を2本やり過ごすと再び連瀑帯となり、5x7mは右を小巻き、続く釜のへつりで滑ってしまいドボンする。3x4mは左、2x3mは右をのぼり7m滝で雨も小降りになったので釜に魚を探す。


Bonji-DSCN4118.jpg


時間を少し費やしていると再び雷鳴が轟き始め雨脚が強まってくる。左側のバンドを利用して越えていくと、ブナハリタケが倒木に出ていて少し頂戴する。




Bonji-DSC05374.jpg

河原状となり幕場を探しながら遡行するが、徐々に雨が強まる中、いいテン場が見つからず、結局少し戻った藪中の平坦地を30分程度かけて切り開き、タープを張る。雨はあられ混じりの土砂降り状態となり、すぐ脇の涸れ沢が濁流となり急速に水位が上がってきて、避難の可能性も考えタープ下でしばらく待機した。


Bonji-DSCN4121.jpg


幸い1時間程度雨はやんだが、薪はずぶぬれで焚火は諦め、タープ下で夕食をとっていると、ハコネサンショウオがユーモラスに宴会場を横切っていきびっくり。
雨は降ったが、それほどひどくならなかったことに感謝して就寝した。

Bonji-DSCN4124.jpg

翌日は晴れ。ネズックラ沢の下降が結構大変との事前情報があったので、7時過ぎに出発する。昨日直線的に流れる茶色い濁流の様相を呈していた本流も透明な流れに戻っていて一安心。釜を持った2m二条滝が出てくるが左を小さく巻き越える。

Bonji-DSCN4131.jpg


その先は開けてきて緩やかな流れの河原を行くと次々にテン場好適地がでてくる。昨日は雨が強く急いでいたため、ここまで見に来れなくて残念。

Bonji-DSCN4137.jpg


30分ほど歩くと左から1:2で枝沢が合わさる。左沢の方を遡行していくが、踏んづけるのがもったいない苔むした穏やかな渓相が続く。

Bonji-DSC05395.jpg


枝沢をいくつか通過していくと流れは徐々に細くぼさっぽくなってくる。多段4m滝がでてくるが右側を簡単に登る。その先、1:1で沢が分かれるが左沢を選択し遡行を続けると詰めとなり、笹とカンバやブナ混じりの密籔に突入する。
20分程籔と格闘しのっぺりとした尾根をのっこし、籔の薄めの所を選んで下降していき、最後は灌木頼りにネズックラ沢の上部の沢形に降り立つ。

Bonji-DSCN4153.jpg


所々溝状の流れとナメ床を交えながらしばらく気持ち良く下降していく。

Bonji-DSCN4167.jpg

流れは徐々に大きくなってくるが、渓相は明るいナメと釜が続く。7x8mのスラブ滝、
12x13mのデコ状茶色の明るい滝は左から右へ移りクライムダウンする。

Bonji-DSCN4176.jpg


しばらく、ナメ床状の流れを行くと両岸が迫ってきてゴルジュとなる。いくつか釜を持ったトイ状滝やネジレ滝を気持ちよくクライムダウンしていくと、10m滝となる。左岸側と灌木の際を下れそうだが慎重を期し懸垂下降する。トップは下部で右に振られ水流をまともに浴び、釜にどっぷりつかって突破するが、後続はうまく左岸沿いに下降する。

Bonji-DSCN4188.jpg


その先トイ状滝が2つ続くが先がすっぱり落ちている上、両岸もつるつるで支点もない。

Bonji-DSCN4190.jpg


クライムダウンは到底無理で、左岸を巻き降りると途中から草付き斜面で所々ある潅木を利用して懸垂下降2ピッチで川床に降り立つ。滝の高さは確認できなかったが、25-30m程度と思われた。

Bonji-DSCN4193n.jpg


続くトイ状滝は、下れそうになく左岸の灌木にスリンゲをかけて懸垂下降するが、トップは足の立たない釜にはまり、エイト管にかかったザイルが邪魔で釜を通過するのに苦労した。後続はなるべく釜にはまらないようにザイルをトップに引いてもらいうまく下降した。




まだまだ、トイ状の流れのゴルジュが続き、4m、3m、2mの滝を突っ張りで越えて行くが
自分とTさんは最後は釜に浸かって突破。Wさんは手足の長さを利用して釜をやり過ごす。

Bonji-DSCN4201n.jpg




そこからは、単調な河原となりしばらく下降すると、左から白保土沢と出合い、遅い昼食休憩とする。
時間も押しているので、白保土沢を遡行して旧国道に突き上げるのは諦め、左岸の枝沢の急傾斜詰めて旧国道に出て、月山第一トンネル上部の尾根を藪漕ぎして駐車場に戻った。

Bonji-DSCN4218.jpg


緩やかな流れの西綻沢、梵字川小沢の連瀑帯と高巻き、あられ混じりの雷雨との遭遇、鍋森の尾根の密籔、ネズックラ沢のナメとゴルジュV字滝下降、大滝の高巻き懸垂下降と沢登りの要素が結構詰まった沢旅を楽しめることができた。



bema

スポンサーサイト
2017. 07. 30  
GWに周遊した熊鷹山を今度は沢の遡下降のコースを組んで見た。s-DSCN3348.jpg

週末の天気は両日とも雨傾向でテンションはイマイチだが取り敢えず根子集落まで車を走らせる。どうにか天気は持っているので、身支度を整えて根子林道を歩く。
1時間程度で大堰堤に着く。
s-DSCN3314.jpg

大堰堤の上流すぐの右岸から流れ込む沢がヌン沢だ。入口はかなりショボイ泥混じりの流れ。ぬかるみに足を取られながら行く。
s-DSCN3320.jpg
少し行くと砂底の綺麗な流れになってきて魚も走る。癒し系の沢と思っているとイキナリ7mのスダレ状滝が出てくる。右脇のルンゼをザイル確保で登る。

s-DSCN3325.jpg
滝がほとんど無い癒し系の沢と思っていたが、良い意味期待が裏切られる。所々登れる滝がかかり面白い。
s-DSCN3330.jpg

滝場が終わると一転癒し系の沢になる。
s-DSCN3336.jpg

予想もしていなかった15mのスラブ滝が出てくる。右脇のスラブを灌木頼りに1/3程空身で登ってみるがホールドが乏しく敗退。右のルンゼを登り灌木頼りにトラバースして滝上に出る。
s-DSCN3338.jpg

co660mの二俣は見事な滝が懸かっている。

s-DSCN3348.jpg


我々は右俣の6x8m2段滝を登る。
s-DSCN3346.jpg


癒し系の流れと6m程度の滝が交互に繰り返され遡行を続けて行くと、スダレ状3m滝は登れず左の泥壁を登って巻くが、上が植林地が降りてきていて比較的楽に巻ける。
s-DSCN3381.jpg

この後も、滝と癒し系を繰り返す内に雨が降ってきたので、適当な幕場を探し今夜の宿とする。
s-DSCN3387.jpg


翌日は曇り。雨が降らずホッとするが、先を急ぐ。1時間程度詰めあげて行くと植林地となるが最後は藪漕ぎとなり906mピークに出る。s-DSCN3393.jpg


根子沢は癒し系の単調な流れが2時間程度続く。
s-DSCN3412.jpg
s-DSCN3413.jpg


655mの二俣を過ぎると滝場となり、大きな釜を持った2-4m滝が続くとイキナリ20m4段滝となり、左岸の灌木に支点をとって懸垂下降する。
s-DSCN3432.jpg

その後は単調な河原を行き、左岸の林道に出て根子集落に戻った。結局行動中は雨にあまり降られず、予想していたよりもヌン沢は滝があり充実した山行となった。
s-DSCN3440.jpg





2016. 10. 22  
先週末、朝日三面山域の末沢川大石沢の支流、滝沢とドデンノ沢を遡行してきた。このエリアはヒルが多く、活動が鈍るこの時期が入渓するのに狙い目だ。小国町から三面林道に入り、大石沢林道ゲートに車を止め、まずは大石橋を目指す。林道はアスファルト作りだがほとんど草に埋もれている。10分ほどで大石橋に到着する。DSCN1940.jpg

大石沢に入渓後、5分ほど遡行したところのテン場適地にベースキャンプを設営する。今回の山行は、M顧問の腰の具合がイマイチなので大事をとって日帰り山行2本の予定だ。
DSCN1943.jpg

初日は滝沢に入る。大石沢との出合いには15m3段の登れない滝がかかる。Tさんリードで左のブッシュをよじ登り巻いた。
DSCN1956.jpg

いきなり渓が狭まりトロ場となるが腰までつかって突破を試みるが敗退し、右を巻くことにする。
DSCN1959.jpg

4x5mの綺麗なスダレ状滝は右側を登って越えた。
DSCN1964.jpg

再びミニゴルジュ状となるが、なるべく濡れないようにヘつって越えて行く。
DSCN1973.jpg

5~7m程度の登れない滝がいくつか出てくる。下の7m滝は取り付きが急なうえ手がかりがなくかなり下に戻って右側のブッシュに入って巻いた。巻きの多用で結構時間を費やし、co405mの二俣で13時を過ぎたので昼食休憩をとる。
DSCN1993.jpg

休憩後、直ぐに5m2条の滝が出てくるが、これも登れないので右側のブッシュに入って巻いた。
DSCN1998.jpg


この巻きを終えると源流ぽくなってくるがそれほど急な登りとならず緑の中を気持ちよく遡行していくと最後に1mの苔むしたミニ滝がでてくる。
DSCN2001.jpg

沢形を忠実にたどり藪漕ぎ無しで尾根に出ることができたが、時間は既に14時を過ぎていたので、折戸川遡行は諦め、尾根を降りることにする。尾根には道がついていていてナタ目で大きなブナの幹に昭和20年4月ゼンマイ取りと書いてあり往時をしのばせる。
DSCN2009.jpg

翌16日は、昨日遡行した滝沢前を通過し大石沢ドデンノ沢に向かって河原を歩いて行く。所々大きな釜があるが滝は小さくヘつって越えて行く。下の沢出合で、2万五千図上滝マークのある地点の手前の下ノ沢出合いで一服する。
DSCN2013 - コピー

地形図の滝は約20m。下段はスロープ状で登れそうだが、その後が登れそうにないので、Tさんリードで左の急なブッシュに突っ込んでいき20分程度で巻くことができた。
DSCN2030 - コピー

何個か深い釜を持った小さな滝越えて行くと5m滝が出てくる。下の方に虹がかかり綺麗な滝だが、登れそうにないので左を巻いていき、続く4x5m滝もまとめて小さく巻いて降り口に立つ。
DSCN2037 - コピー

直ぐに続く4m滝と4mトイ状滝はロープ確保で登る。トイ状滝は、水根沢半円の滝のようにオポジションで上部を登り楽しい。
DSCN2042 - コピー

とうぼくが少々煩くなってくるが、利用できるものは滝を登るのに使わせてもらい、2-5m程度の滝を快適に越えて行くと源頭部の様相を呈してくる。
DSCN2044 - コピー

5mの黒い涸れ滝が出てくるところで本流筋の遡行をやめ、右のガレ沢に入っていき、振り返るとスラブ状の本流筋が望める。
DSCN2057 - コピー


最後に10分程度藪を漕ぐとco600mで尾根にでる。ここにもブナの木にナタ目でたくさんの文字が彫り込まれていて、同一人物が毎年記念に付けているようで最高齢は75歳であった。当初の予定では、小日倉沢を下降する予定であったが、尾根筋をたどり滝沢出合いまで降りて下山した。
DSCN2059 - コピー

一日晴れで陽気が良かったためか、大量のカメムシが日当たりのよいところに集中しており、大石橋の欄干は彼らで大賑わいであった。
DSCN2062.jpg






2016. 09. 26  
朝日前衛実淵川小実淵沢に顧問の計画で行く。東京を早朝出発し米沢で1名ピックアップして白鷹町道の駅あゆ茶屋で昼食し、ゆっくりと入渓予定だ。最上川はこの連日の降雨で大増水しているので、入渓できるかわからない。黒鴨林道目指し車を進めると実淵川の水量はそれほど多くない。林道を1時間程度行き、小実淵沢にかかる橋、何故か白滝橋、に到着し沢支度をする。天気はうす曇り、15:00前に入渓する。s-DSCN1660.jpg

暫くは植林交じりの緩やかな河原歩きとなる。
s-DSCN1669.jpg
滝はほとんどなく本流はせいぜい1m程度だ。枝沢には10m程度の滝をかけるものもある。
s-DSCN1680.jpg

初日は、二俣でタープを張る。ここまで1時間30分程度といったところ。早速焚火を始め、ビールで喉を潤し宴会タイムに突入していく。
s-DSCN1684.jpg

翌日も曇り時々晴れの天候で最初は木漏れ日のなか、右俣のなだらかな河原をしばらく行く。
s-DSCN1691.jpg


やっと5mの滝が出てくる。登れないので左を巻いていく。
s-DSCN1695.jpg

巻きは登りやすいルンゼを直上後、樹林帯をトラバースしていく。
s-DSCN1703.jpg

倒木を下部にかける2x3m滝は左を快適に登れる。
s-DSCN1710.jpg

所々、倒木が煩いが概ね快適に滝を越えて行く。6mの滝の左をロ-プを使って巻いた程度でいずれの滝も3m程度で登れるものが多い。
s-DSCN1720.jpg

それほど大きな滝は無く、結局お助けロープを出したのは2カ所だった。沢は源頭部の様相を呈してくる。
s-DSCN1730.jpg

5分程度の笹藪漕ぎで12時前に三本楢付近の登山道に出る。GWに来た時ともちろん景色は全く異なり、三本楢もどれだか判然としない。葉山方面に登山道をしばらく辿り、左俣方面への降り口で再び藪漕ぎに突入する。
s-DSCN1733.jpg

10分ほど笹薮を漕ぐと沢形に出ることができた。
s-DSCN1736.jpg

フリーで下れる滝が多い。
s-DSCN1747.jpg

1回だけ懸垂下降を入れるが概ねフリーで下れる。渓は所々細くミニゴルジュぽくなる。
s-DSCN1751.jpg

そうこうしていると突然魚道付きの堰堤に出る。右岸には堰堤工事のための林道がついており、等高線の混んでいる箇所を嫌いこの林道を途中まで利用することにする。
s-DSCN1763.jpg

林道は基本的に草ぼうぼうの状態。
s-DSCN1766.jpg

林道からそれ、植林交じりの尾根に入り最期は懸垂下降で二俣に降り立ち、デポした荷物を回収し下山した。難しい滝はなく、初級者向きの沢との印象を持った。
s-DSCN1769.jpg









2016. 08. 14  
夏合宿で朝日川朝日俣沢岩魚止沢に挑んできた、ワタシだ。

登り詰めた先は大朝日岳。これは、沢から百名山?!42座目のハントとなった。
rps20160814_164302.jpg

メンバーは、Mリーダー、W先輩、K先輩。お三方ともワタシとなかなか沢泊をしてくれないので、メンバーが決まった時からかなりテンション高かったんです。ふふっ。

8/11
山の日で混雑しているかと思いきや、朝日鉱泉の少し下に空きスペースを見つけることができた。予想よりも車は少ない。

準備を整え9:15朝日鉱泉を出発する。
天気がよく、午前中からかなりの暑さ。適宜休憩をとり、黒俣沢との出合いまでは登山道をすすむ。
出合いから朝日俣沢へ入ったところで昼食をとる。

11:35いよいよ入渓。
朝日俣沢は、昨年に枝沢である下ノ大沢を遡行したので、co730まではなんとなく記憶があった。今年は水量が少なくかなりおだやかな印象である。
DSC_2628_R.jpg

地形図の通り、前半はおだやかなゴーロ。小滝があるものの問題はない。
co720の下ノ大沢が流れ込む先に深い釜が現れる。リーダーはきわどい左岸をヘツリで突破していくも、ワタシにそのルートは難しく、下ノ大沢を登って巻いた。
DSC_2634_R.jpg

co830に5mの滝が現れる。リーダーが空身で中央を登り、後続を確保してもらう。確保されていてもいやらしい滝だっという感想をリーダーに伝えたところ、ハーケン打とうと思ったら、ザックから出すの忘れたって・・・おいおい。

co856の10mの滝は、この日アクアをはいてきたW先輩がリード。序盤は無敵のシューズだったが、中盤の苔で戦闘不能に。シューズの性能の違いを間近で見ちゃいました。
とはいえ、難なく登って後続を確保。
rps20160814_170201_R.jpg


次の10m滝は高巻きで突破するも、下降した箇所にまた滝が現れる。上からは先が見えにくいため、降りた地点にある滝が見えない。ここでは、3回連続で「滝→巻き」を行った。

co910に10mの滝が現れる。左岸から巻くことができるが、ここは登ることに。まずは、リーダーが空身で登る。後続と荷揚げを終えるも、登った滝の上部に滑る小滝がそびえる。
左岸から巻いていたK先輩にお助けを出してもらい、無事に通過することができた。
rps20160814_170940_R.jpg

初日はco934にテン場を決め、16:30に遡行終了となった。
盛大なたき火とW先輩のディナーで盛り上がり就寝。
DSC_2650_R.jpg

8/12
2日目も気持ちのよい晴天。
まずは、10m滝の高巻きからスタート。
rps20160814_171753_R.jpg

その先には雪渓が現れた。一瞬、氷点下の世界となるが雪渓はわずかに残るのみであった。
DSC_2653_R.jpg

co1010で大分角度がきつくなってくる。ここでいくつかの岩陵をまとめて左岸から高巻く。

険しくなるかと思いきや、しばらくゴーロが現れる。

ゴーロの先に、岩魚止沢が流れ込むも、まだ分岐手前だと勘違い。阻む6mの滝を右から小さく巻こうとするが、岩が脆く難しいため右の沢から巻いているうちに、左奥から入る枝沢が見えてきて、ここが出合いであることに気づく。

岩魚止沢に入ると、40mを超える大滝がそびえ立っている。
rps20160814_172102_R.jpg
大滝を眺めて休暇をとりながら、ルートを読む。下部10mを右岸から巻いて、そこから登攀を開始。
リーダーはアドレナリン全開の模様。見ているだけでも足がすくむルートを登っていく。
滝が大きいため、間もなくザイルの連結部が中間を取ったカムに到達してしまう。
リーダーはなんとか足場を確保して後続を確保してくれた。
登り開始地点がすでに10mの高さのため、恐怖心でなかなか進むことができない。登りきったときは口のなかがカラカラだった。

ここからは、斜度が増し長い詰めのような感じがco1500mまで続くきつい登りとなる。
DSC_2690_R.jpg


水が枯れたころ、大朝日岳直下のカールをトラバースして中ツル尾根に出る。
DSC_2693_R.jpg

大朝日岳山頂から周りの山や沢の景色を堪能。今年はほとんど残雪が見られない。辺りには赤トンボが飛んでいるのをみて、アブやブヨの被害に遭わなかったことを思い返した。
DSC_2694_R.jpg

この夜は大朝日小屋でお世話になった。
登攀の緊張で疲れきって、この日も早々に就寝してしまった。夜空に満天の星が出ていたことは、翌朝知るところとなった。

8/13
ワタシは、寝坊しご来光は先輩の写真で堪能することに。きれいな日の出ですなぁ。
DSC_2725_R.jpg

山ヤさんたちが出発して、小屋が寂しくなった6:45に下山を開始。午前中でも暑さが厳しく「あつ~いあつ~い」連呼の下山となった。



家に帰って、ふと先月の徒渉訓練で水没させたスマホを見ると・・・電源が入る。
今頃復活してくれてもなぁ。


shin


プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動する山岳会です。
このブログを訪れた方は、会員以外の方も、気軽にコメントを書き込んでください。
新人募集中!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
カテゴリ