2015. 02. 16  
2015年2月14日
初めての!!アイスクライミングに行ってきた。

早朝の富士山駅に降り立つと、強風が吹き荒れていて寒くてひるむ。
三つ峠入口でバスを降り、林道へ。
DSC02149.jpg

DSC02150.jpg

所々凍結しているからといって、足元ばかり見て歩いていると、いい景色を見逃してしまう。
時々、右側を見るのを忘れずに。
DSC02152.jpg

DSC02153.jpg

1時間ちょっと歩くと三つ峠登山口に着く。
ここの女性用トイレは、ちょっと広めの個室内に荷物置き場や暖房が備わっていて、
お・・・!となる。
大切に使わなきゃ、という気にさせる。
DSC02155.jpg

登山道を途中で外れ、沢へ向かうトレースを追う。
DSC02156.jpg

まず、この枝沢の小滝で練習だ。
傾斜は90°くらい。
DSC02158.jpg

まずアックスの打込み練習。
その後、トップロープで、アイゼンでの立ち込み練習。
アックスが重い・・。
アイゼンの刃がうまく刺さらなかったり、アックスが入らず弾き返されたり、
あれれ、うまくいかないなー
小滝の上まで登って、クライムダウンの練習。
アイススクリューの回収の仕方も教わる。
DSC02158-2.jpg

そうこうしているうちにお昼になってしまったので、
日が当たる所で昼食を済ませ、奥の大滝へ。
DSC02160.jpg

DSC02165.jpg

2段目まで登って、降りる練習をする。
さっきより傾斜がゆるいので登り易そうだ。
DSC02167.jpg

登る人がいっぱいいるからか、足を置く場所が出来ていて、
さっきの小滝と比べて簡単すぎた。
DSC02168.jpg

私も登って
DSC02170-2.jpg

降りる。
DSC02170.jpg

が、もっと実戦に近い練習がしたいので、さらにもう1段上まで行くことにした。
アンザイレンし、リーダーがスクリューで支点を作りながら進む。
DSC02171.jpg

マルチの際のセルフビレイ(マスト結び)。
実戦ではさっと出来なくてはいけない。
DSC02172.jpg

私も続く。
登りながら、スクリューを回収する。
この登りはなかなか良かった。満足!
DSC02173-2.jpg

滝の下に戻ると、大滝の左側の氷柱で練習しているグループがいた。
こちらは傾斜ほぼ90°。
次回来た時に練習しようかな。
DSC02175.jpg

お疲れ様でした。
ありごとうございました。
DSC02176.jpg

最後は富士山で締めくくる。
DSC02180.jpg

来季はアイスクライミング用の12本爪アイゼンとmyアイスアックスを買おうかな。

by nao

スポンサーサイト
2015. 02. 08  
厚木から高速使うとたったの1時間で到着してしまう楽チンアイスに行ってきました。

登山口までの林道は雪が深くSUVでないと難しい。無理やり突っ込んであやうくスタックしそうになり、バックして空き地に駐車。登山口までは約20分の歩き。そこからのんびり一時間で最初の小さな滝に到着。

DSC_0903.jpg
雪に埋まってました。。

しばらく歩くと登山道が横切る地点のすぐ先にある最初の滝らしい6m滝。
DSC_0906.jpg
真ん中は階段状で簡単に登れそうなので、順番待ちをして左の斜面を登る。斜度はあまりないので問題なく登る。

ロープを一旦畳んで少し歩くと大滝。
DSC_0908.jpg
水流は大きく出ているが、左岸側の氷を登れそうだ。氷が剥がれ落ちそうだが先行パーティが登ったあと、2組目として登る。ほぼ階段状で問題ない。落ち口は氷がないので少しだけ沢登りとなる。後で聞いた話しだが3組目のトップが登りきった後、上部の氷が崩壊したそうだ。あぶねー。。

大滝の少し先に七福ノ滝がある。その手前の滝は右岸から巻く。七福ノ滝はきれいに凍っており、色んなルートが楽しめそう。簡単なのは左側のようだが、我々は右の少し凹んだ部分を登った。その左側はほぼ垂直で難しそうだ。
DSC_0909.jpg
DSC_0914.jpg
DSC_0916.jpg

2段の滝を登ったところで昼食。この滝がこの沢のハイライト。ここでトップロープで遊ぶのも良いと思う。
我々はさらに上を目指すが、標高1550mの二俣で雪が深くなり左岸尾根の登山道にエスケープ。登山道経由で車に戻った。




2014. 01. 19  
1月12-13で奥秩父の東沢へアイスクライミングに行く。

計画では下流部のホラノ貝沢や鷹見岩前沢、2日目に西のナメ沢だったがリーダー(自分)の足首の不調で乙女の沢だけ(しかも自分はテントキーパー)になってしまった。申し訳ない。。

P1120021-s.jpg
東御築江沢F1。珍しく結氷していた。

P1120022-s.jpg
乙女の滝で訓練。アイス部初参加のK氏もそつなくこなす。

P1120023-s.jpg
2日目は80m大滝まで行って帰ってきた。それにしても今年は積雪量が多く、氷もまだ薄くて状態が悪い。

ritani
2014. 01. 05  
あけましておめでとうございます。少し前になりましたが12月28-29日で南ア・戸台川の赤河原エリアへアイスに行ってきましたのでご報告を。

予定では黄蓮谷でしたが強い冬型と寒気の南下、強風予報で断念して転進しました。

PC280013-s.jpg
28日。アプローチの戸台川から甲斐駒方面を望む。今年は雪が多く駐車場で既に20センチくらい。

PC280017-s.jpg

上ニゴリ沢、スーパー林道下の氷瀑。下からアプローチしたが、急傾斜のゴーロの上に雪が積もっていて登りにくく、氷瀑に着いた時点で既に疲れている。しかもまだ発達していないが、何とか1ラインだけ登る。
この氷瀑が目的なら、スーパー林道が除雪されていればそれを辿ったほうが楽であった。

PC290018-s.jpg
翌日は舞姫の滝へ。その前に間違えて一本手前のルンゼを登ってしまい大幅な時間ロス。
これはF1・5m、十分凍っている。80度くらい。

PC290019-s.jpg
F2は上部がベルグラで直上をやめ、右岸から巻く。

PC290020-s.jpg
F3の舞姫ノ滝を望む。垂直のツララ状が厳しそうで、巻けそうもないのでここで撤退。出直しである。

今回はこのエリアで登っているほかのパーティを見なかった。時期的に早いのか。

ritani
2013. 12. 22  
12月22日に八ヶ岳は地獄谷・上ノ権現沢へアイスクライミング目的で入谷。

先週の南岸低気圧の通過などで、出合小屋周辺は新たに30センチ以上の積雪。ラッセルすると所により腰まで潜りました。トレースがあったのは赤岳沢・天狗尾根方面と権現沢、旭岳東稜。

上ノ権現沢は予期せぬトラブルにより登らず終い。当方なぜか地獄谷に縁がなく、3回訪れていまだに1度も登れていない。。。
PC220006-s.jpg
出合小屋とその周辺の様子。
ritani
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動する山岳会です。
このブログを訪れた方は、会員以外の方も、気軽にコメントを書き込んでください。
新人募集中!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
カテゴリ