2016. 12. 21  
先週の日曜日(12/18)、谷川岳天神平にて、恒例の雪上訓練が実施された。谷川岳ロープウェイ駅は、前日の天気がイマイチだったためか雪上訓練のパーティーが集中してごったがえしていた。長蛇の列の最後尾に並び、20分ほどでロープウェイのチケットを購入する。ロープウェイに乗るのも列ができていていい加減うんざりだがしょうがない。ロープウェイから訓練に良い斜面を見ると登山者が列をなして登っていて、訓練場所確保に不安を覚えるが、どうにか快晴の天神平に降り立ち、今年も冬山シーズン到来という感じだ。今年の参加者は12名なので3班に分かれ、スキー場右方向斜面を登っていきそれぞれ訓練を実施した。

A班は、右斜面のかなり上部で訓練場所を確保する。
A班訓練場所から天神平駅を臨む

B班は、中間斜面を右にトラバースしていき少し潅木が混じる斜面を確保する。まずは、坪足歩行やワカン歩行で訓練斜面の整備をする。
DSCN0880.jpg

C班は、右斜面の下部に訓練場所を確保する。天神平駅もすぐ近くだが、何故かほとんどのパーティーは上へ上へといってしまい手ごろな斜面にありつける。こちらもワカン歩行でまずは斜面を整備する。
IMG_2068.jpg

訓練メニューは、雪上訓練として1.ツボ足歩行 2.アイゼン歩行 3.ピッケルによる初期停止 4.滑落停止 5.耐風姿勢 6.ロープワーク(トップの確保、フォローの確保、固定ロープの登高) 7.雪上の支点作成 8.ワカン歩行を、雪崩対策訓練メニューとして、1.雪質観察 2.弱層テスト 3.ビーコン操作 4.プロ-ビング 5.掘り出し 6.シート搬送 7.ビーコン捜索実習
と盛りだくさんであったが全てをこなせた班は無かった。

こちらはA班の滑落停止訓練。銀マットで加速をつける。

DSC05336.jpg

C班はブルーシートで加速をつける。
IMG_2066_Moment(2).jpg


こちらは、スタッカットでのセカンドのビレイポイント作成。ピッケルを雪面に根元までさし、なるべく短めのスリンゲとカラビナで支点を作り、足で踏みつけて肩がらみの確保支点にする。
DSCN0887.jpg

自分の真下に支点が来るので前方に振られないのがポイント。
DSCN0888.jpg

セカンドにわざと滑落してもらい、確保の手ごたえを感じてもらう。
IMG_2070.jpg

天気は上々で、白毛門、笠ヶ岳、朝日岳が白くひかる。
DSCN0894.jpg

B班は、斜面の雪を切り取り、雪の層の観察する。雪が降り積もってまもなく、特徴的な層はあまり観察されなかった模様。
DSCN0889.jpg

各班ビーコンを隠して発見させる実地を実施し操作の習熟に努める。こちらは、プロービングの訓練。
DSCN0896.jpg

B班の埋没体験、掘り起こし訓練の一コマ。

DSCN0899.jpg

各班、訓練メニューをこなしていくとあっという間に時間は過ぎ去り、集合時間の3時が近づき撤収となる。
DSCN0900.jpg

最後まで天気が良く、充実した訓練が実施できた。
DSCN0902.jpg





スポンサーサイト
2014. 12. 23  
F薪です。

12月20日~21日、赤岳鉱泉付近にて雪訓&雪崩対策訓練が行われました。
1泊2日コースには8名が参加。以下は、B班4名の訓練の様子です。

初日は時おり小雪舞う肌寒い天候。八ヶ岳は例年より積雪の多いコンディションでした。

赤岳鉱泉から中山乗越方面へ20分ほど歩いた斜面にて、まずはワカン歩行、つぼ足歩行、アイゼン歩行の練習をしました。

ワカンを付けて、ラッセルの練習。
SKN01.jpg

ワカン、つぼ足、アイゼン歩行で斜面を踏み固めた後は、滑落停止訓練。
SKN02.jpg

何度も繰り返して練習します。仰向けに倒れた場合、下降中に前のめりに倒れた場合など、かなりハードな想定での練習もしましたが、なかなか難しい...。身体にもっと覚えこませねば。
SKN03.jpg

ザイルを使っての確保の練習もしました。

確保する人。
SKN04.jpg

確保される人。
SKN05.jpg

初日は、斜面での訓練をひととおり終えて、赤岳鉱泉のテン場へ戻ります。夜は、テントの中で班ごとに夕食とおしゃべりで寛ぎました。
B班のメニューは、おつまみ2種の後、濃厚白湯鍋、〆はラーメンで、身体がぽかぽかに。
ただ、予報どおり、だんだん風雪が強くなり、気温も高めなのでなにやらみぞれっぽい音に...。積雪量もだいぶ多かったので、就寝前にM山さんが、夜中にはnaoさんがテントの周囲の雪かきをしてくれました。感謝です。

さて、明けて2日目。気温は相変わらず高めですが、空は晴れていい天気。大同心・小同心がきれいに見えます。
SKN06.jpg

初日と同じ場所で、雪崩対策の実習。
NGリーダーの講義を聞き、まずは、雪質の観察から。
M山「...こしまり雪だな...」
SKN07.jpg

温度勾配計測中。
SKN08.jpg
表層から1mくらいの深さまで、あまり温度変化のない状況でした。

続いて弱層テストです。まずは、コンプレッションテスト。顕著な破断は発生しませんでした。
SKN09.jpg

次にハンドテスト。こちらも同様の結果。地表面に近いところまで、顕著な弱層は見られませんでした。
SKN10.jpg

埋没体験もしました。こんなことは「体験」だけで済ませたいものです。
SKN11.jpg

ビーコンによる捜索訓練は、少し下って日当りのいい場所で実施。
naoさん、ビーコン&プロービング初体験です。
SKN12.jpg

【閲覧注意】...^-^;)
SKN13.jpg
シート搬送の実習中です。

雪崩対策を終えて、テン場に戻り撤収です。テントのポールが凍りついたので、なめて溶かします...(なわけないでしょ!!)
いつもお茶目なJunさんでした。(A班撤収中)
SKN14.jpg

寒さはさほどでもなかったものの、積雪が予想以上に多く、アイゼン歩行や滑落停止訓練には少し厳しい条件でしたが、滞りなく2日の訓練を終えました。

帰りの車中で、ritani氏が「訓練はあくまでも技術の確認で、実際の山行を多く体験することで技術は身につく」と言っていたことが印象に残りました。冬のシーズン、実地体験をたくさん積むようにしたいと思います。

参加の皆さま、お疲れさまでした。
2014. 11. 09  
11月9日
雨天により、西丹沢にある施設でのレスキュー訓練となりました。
↓ザックを利用した背負い搬送です。


↓引き揚げシステムのおさらい中。


↓登り返し。私は1歩目でのフリクション・ノットの調整に時間がかかりました。


↓午後は雨も大方あがり、施設の裏手にある斜面で救助システムの訓練を実施しました。


皆様お疲れ様でした。noy
2013. 11. 11  
秋のレスキュー訓練 3班 2013年11月10日

会恒例のレスキュー訓練を杉ノ沢で行った。
いざと言う時素早く行うことが必要。毎回教えてもらうレスキューが散見される。
次回は全員できるようしっかり復習して欲しい。

PB103539_R.jpg
バッチマンで登り返しの練習
PB103550_R.jpg
ブルーシートを利用しての担架搬送
2013. 07. 20  
故あって会の訓練に参加できず、7月20日の渓友塾の徒渉訓練に参加することができました。

単独徒渉や激流徒渉の訓練の後は、三条新橋上流部から泳ぎ・ザックピストンの練習をしながら、おいらん淵まで遡行してきました。
↓うなぎの寝床の出口をトライ中の顧問。


皆様、お疲れ様でした。
noy
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動する山岳会です。
このブログを訪れた方は、会員以外の方も、気軽にコメントを書き込んでください。
新人募集中!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
カテゴリ