FC2ブログ
--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018. 06. 26  
F薪です。

先週に引き続き実川...と言っても、漢字は同じだが、山域も読み方も違う「実川」流域へ出かけてきた。
個人的な山行テーマのひとつ、湿原を訪ねる沢旅だ。
2年前の秋に、赤倉沢右俣から花沼湿原を訪れたが、今回は本流右岸の七兵衛田代と山犬田代を訪ねる計画である。

前泊の道の駅から檜枝岐を過ぎ、いつもの駐車地点へ車を進めると、なんと駐車スペースが満車。
幸い1台が出て行ってくれたので、何とか2台駐車することができたが、こんな数の車が入っていることはなかったので、ちょっと驚き、先行きに不安を感じた。

しばらく林道を歩き、赤安沢出合先から本流に降りて遡行開始。ゴキタ沢まではゴーロ勝ちな沢歩きだが、ゴキタ沢を過ぎるとナメ優勢となる。
ゴキタ沢の次に右岸からの支流が流れ込む周辺はミニゴルジュとなっている。
前回は、このゴルジュを全て巻いてしまったが、今回は水線突破で切り抜ける。
20180623_Mikawa01.jpg

最初のゴルジュを抜けしばらく行くと、前回印象に残った美瀑登場。
下流の河原で昼食休憩とする。
20180623_Mikawa02.jpg
ここまでで複数の釣り人を追い越してきたが、帰宅後ネットで調べると、どうも、17日に行われた檜枝岐村渓流釣り大会の釣れ残り狙いの釣り師たちのようだった。どうりで人が多いと思った。
さて、件の美瀑は右岸より小さめに巻く。

美瀑より上流のコの字型の屈曲部は、美しいナメの続く、本流のハイライトである。
好天なら更に綺麗だっただろう。
20180623_Mikawa03.jpg

文献で「ザル滝」とされる滝の下流は短いがゴルジュとなっている。
前回は股下徒渉で難なく抜けた箇所だが、今回はかなり水量が多い。
泳ぐか、覚悟を決めて水に浸かるか思案するが、よく見ると左岸側に水から顔を出している岩がある。そこに足が届けば濡れずに突破できる。
少し腕力がいるが、右手の岩のしっかりしたホールドを利用して、全員難場を突破。
20180623_Mikawa04.jpg

問題のザル滝。右側の水流を登った記録も見ていたので偵察に行くも、水勢が強く難しそう。
止む無く、前回同様左の乾いた壁をザイルを引いて登る。逆層でちょっと嫌らしい。
20180623_Mikawa05.jpg 
この上の二段スラブ滝を越えると、初日の核心部は終了。
計画どおり、赤倉沢・硫黄沢二俣付近で荷を解いた。

終盤雨がぽつぽつと降り出し、時おり本降りになる中、濡れた薪に少々てこずりながらも無事焚き火も成功。夜も更けるにつれ雨もあがり、気分は上々である。
20180623_Mikawa06.jpg

翌朝は、薄く雲が残っているものの薄く陽も射し始めた。
一帯はキャンプ場のような台地が広がり大変快適。珍しく、若者4人パーティが少し下流にテントを張っていた。もう一箇所焚き火の煙が上がっていたように思うが、こんなに人のいる沢だったかな...
最近、記録も多くなってきたしなあ、と複雑な心境であった。
20180623_Mikawa07.jpg

のんびり朝食後、今回のメイン・イベントである田代巡りに出発!
本流を少し下降したところから、右岸の無名沢に入る。遡行を続けるにつれ、上空には青空が広がりテンションも上る。
沢から少々の笹薮を漕いで、飛び出した七兵衛田代はワタスゲの揺れる別天地。
いや、来てよかったねとみんなで言い合う。
20180623_Mikawa08.jpg

池塘がないせいか植生は少し寂しいけれど、たくさんのワタスゲとタテヤマリンドウとところどころにヒメシャクナゲのアクセントがなかなかいい雰囲気。
20180623_Mikawa09.jpg

ゆっくりと田代を横切り、立ち去りがたい想いを振り切って次の目的地へ。
振り返ると孫兵衛山と思しきピークが、存在感を放っていた。
20180623_Mikawa10.jpg

七兵衛田代の北端から、再び藪に突入するが、ところどころに踏み跡があるような気配も。
方向を見定めながら進むと、出た!山犬田代に無事到着。七兵衛田代に比べると、ほんとうにこじんまりとした田代だ。
お昼には少し早いけれど、ここで昼食休憩とした。
20180623_Mikawa11.jpg

昼食後、地形図の「代」の字にあるポコの北側を回りこむようにゴキタ沢源頭に向かう。
源頭部は、穏やかな流れでテン場適地もそこここに点在している。湿原を訪ねた後、ここで一夜を過ごすのも悪くないぞ。
下降に使ったゴキタ沢は、まさに下降向き。Co1500付近から等高線が混んで来るが、急傾斜のゴーロに終始する。
そろそろ林道かなと思う頃、右岸に踏み跡が現れ、それを辿るとあっけなく林道に飛び出した。
「何にもなかったね~」とは、メンバー揃っての感想だったけれど、二つの田代を巡った満足感はあったのではないかな。

それにしても、この日は梅雨明けを思わせるような青空が広がり、満足の沢旅を締めくくってくれた。
20180623_Mikawa12.jpg
スポンサーサイト
2015. 07. 28  
F薪です。

7月26日日曜日は、大清水から大薙沢の左俣、右俣を歩いてきました。
ややこじんまりとはしていますが、滝登りを楽しめる左俣、どこまでも続くナメを楽しめる右俣、灼熱の都心を逃れて涼しい溪歩きを堪能しました。

大清水から30分、物見橋から入溪です。
入溪点確認中

一番最初に現れる6m斜瀑。右から巻きぎみに越えます。
最初の斜瀑

左俣もところどころきれいなナメが現れます。
ナメの始まり

木漏れ日の中の遡行は気持ちのいいものです。
木漏れ日の中を遡る

出合から2時間程度。いい雰囲気の5m滝。
5mスラブ滝

滝場も終盤。まぶしい陽射しの下でスラブ滝を登る。
Onaga06.jpg

詰め上げた稜線からは、奥白根がよく見えました。
奥白根

下降した右俣は、上部こそガレガレでしたが、延々と続く"滑らない"ナメが印象的です。まさに舗装道路のよう。
右俣、どこまで続くの、のナメ床

下降した右俣は、沢が開けているせいか左俣遡行時よりやや暑く感じましたが、東京から比べれば天国のよう。
「夏休み」な雰囲気の心安らぐ一日になりました。

2014. 05. 26  
5月24-25日で帝釈山脈の湯西川・栗山沢~大滝沢下降の沢旅に行く。平家の落人伝説で有名なところ。

栗山沢への入渓は湯西川ダムの完成で新しくなった県道の一ツ石Pから、脇道へ下ってダム湖をトラバースする。

P5240073-s.jpg
県道の橋を見送りながら入渓。

P5240076-s.jpg
途中で林業用のモノレールに出くわす。傍の看板によると平成4年の造林事業のものらしい。

P5240084-s.jpg
この沢で最もきれいな10m幅広の滝。

P5240085-s.jpg
上に行くと案の定雪渓が…上流部は沢の傾斜が増し、ルート取りに気を遣うようになる。

P5240087-s.jpg
源頭の雪消えの斜面に群生するバイケイソウ。写真で見るより斜面はとっても急で、気を付けないと滑落しそうだ。

P5240089-s.jpg
明神ヶ岳への尾根。漕ぐのは嫌だけど見るだけなら愛らしいシャクナゲの花。

P5240091-s.jpg
大滝沢へ下降するコル「ヨガッタァ」。

P5240090-s.jpg
その源頭でシシウドが採れました。

P5240092-s.jpg
大滝沢下降中、Co930付近の深い釜を持つ5m滝。

P5250093-s.jpg
宿舎跡? が出てきた。平坦なのでこの日はここで幕。

P5250094-s.jpg
P5250096-s.jpg
P5250097-s.jpg
鉱山施設跡。物の本によると、これは昭和20年ころまで操業していた日向鉱山の跡ということ。この先にレールが敷かれていた。

P5250099-s.jpg
大滝沢林道の坂船沢支線を辿っていくとサツ沢のコルに出た。平坦でテンバに結構。ここからマゴリ沢左俣を下降し、1泊2日の沢旅を終える。
2013. 10. 09  
集中4班。本来は4班のみが日帰り班だったが、天候不順のため、みんなが日帰りになってしまった。
檜枝岐川下ノ沢を駒ノ小屋めざして遡る。

竜ノ門の滝の大高巻きが、結果的には本日の核心か。
展望台まで上がらずに、途中で沢に入るルートがあるようだ。大高巻を終えて、沢に戻ったところで出会った二人連れは、沢沿いルートを来たとのこと。
とは言え、展望台から見る竜ノ門の滝もなかなかいい感じです。
ShuuChuuAki1.jpg

高巻き後、最初の滝。青空が美しい。
ShuuChuuAki2.jpg

10月だというのに、夏のような陽射し。
ShuuChuuAki3.jpg

下部、水流を右から左へ横切って(激シャワー)、左のルンゼ状へ。そこからそのまま左壁を登るが、中間の一歩が大変に嫌らしい。
時間がたっぷりあるので、M山さんリードで滝登りを楽しむ。左岸に巻き道完備。
ShuuChuuAki4.jpg

源頭部のミニミニ両門。分かりずらいですが、写真中央付近で右と左の水流が交わります。
ここは、左へ。
ShuuChuuAki5.jpg

窪状を辿ると、藪漕ぎなしに稜線登山道へ導かれます。
うーん...残念ながらガスが出てきてしまいました。
ShuuChuuAki6.jpg

百名山だけあって、かなりの人出でした。
和やかなハイカーの中に、異質な集団が現れる。
ShuuChuuAki7.jpg

足早に登山道を下り、分散して周囲の温泉で入浴。
最後は「まる家」さんに集合して反省会。
ShuuChuuAki8.jpg

また今週末も、檜枝岐の予定 (^^)v
2012. 10. 21  
先週の集中山行では、累積標高差3000m超を上り下りしたので、今週はのんびり紅葉を愛でる山行に。前々から気になっていた笠科川の源流を探訪してみた。

金曜の夜都内を出発し「道の駅白沢」にて仮眠。途中道路沿いで摂氏4度の表示を見て、慄きつつ夜を明かした。土曜の朝は寒かったが、日差しが出てくると快適な気温となった。
ひと安心である。
道の駅から1時間弱。戸倉の大駐車場を右に見て、笠科川沿いの県道に入る。津奈木橋の手前を左折して、笠根橋の手前の駐車スペースに...と思ったら、何故か大量の土砂が積み上げられていて駐車できません~。(和名倉沢の時と同じや...)仕方なく、少し戻ったあたりに路肩が広くなっている場所があったので、そこに車を停め沢支度。


橋の右岸側から沢に降りて、遡行開始。
空は青く、水は冷たい(結構冷たいぞ)。
15分ほども遡ると、タル沢が1対1で出合う。いずれタル沢にも入ってみたい。
今日は、スリバナ沢を遡行し本流を下降するプランである。


タル沢出合から、40分弱でスリバナ沢が出合う。
スリバナ沢に入るとすぐに、沢は左にゆるくカーブして、2段15mほどの滑滝がかかっている。
水流沿いに快適に登っていける。

Kasashina_01.jpg



紅葉がなかなかきれいである。

Kasashina_02.jpg



青空によく映えるなあ。

Kasashina_03.jpg


スリバナ沢は、ナメ+ナメ滝主体の沢だった。難しいところは皆無だが、最後はやはり藪漕ぎとなった。傾斜も緩いし、時間も短かったけれど。
藪漕ぎから開放されると(↓)このような眺めが。

Kasashina_04.jpg

登ってきた笠科川の源流部を鳥瞰する。
全体的に傾斜が緩めなことがわかる。

Kasashina_05.jpg


時間も早いので、笠ヶ岳に登ってみた。
360度の展望である。
ならまた湖はかなり水位が低い。

Kasashina_06.jpg


「あの山はどれだ?」笠ヶ岳山頂で山座同定に勤しむI氏

Kasashina_07.jpg



片藤沼にて、昼食休憩。
分かりづらいが、沼の向こう側に燧ケ岳。

Kasashina_08.jpg

下りは、1930m付近の鞍部より笠科川本流へと下降する。
笹薮の下りから、次第に枝沢が合わさり水量が増す。滝らしい滝は殆ど無く、まさに下降向きの沢である。スリバナ沢出合い手前に若干滝場があるが、どれも問題なく下れる。

Kasashina_09.jpg



「何もない」とも言えるが、個人的にはなかなか楽しめた。
次回は、緑のきれいな時期を狙って訪れたいエリアである。
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動してきました。
2018年12月2日をもって解散しました。

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。