2018. 04. 22  
F薪です。

一週間経ってしまいましたが、先週は今年初ということで、心の故郷檜枝岐へ行ってまいりました。
土曜日は会津駒ケ岳、日曜日は三岩岳を狙っての計画だけれど、日曜の天気は悪そうだ。
今シーズンはなかなか山にスキーで入る機会に恵まれず、1月末の二岐山&スダレ山とお手軽日白山に続き、ようやっと3回目という寂しい状況。まだ、何度かチャンスはあれど、来シーズンはもちっと山行回数を増やしたいと思う。

さて、雪解けが異様に早く、既にGW頃の様子と言う檜枝岐だが、登山口(林道入口)の様子はこんな感じ。沢を渡る橋から奥はまだ雪がたくさんあるので、車はここまで。駐車車両が数台あったが、グラウンド前の登山者用駐車場も近いし、そっちの方が平らで支度しやすいと思うけど、少しでも歩く距離を少なくしたいのかね?
AizuKomaMS01.jpg

出だしは、スキーを担いで歩かねばならない。無雪期の駐車スペースから、左手の雪のある斜面を登ったら、思ったより時間がかかってしまった。素直に、夏道を上がればよかった。
標高1,340m付近からはシールを付けて登っていける。途中、クラックの入ったところもあり、下りでは注意しなくてはと記憶に留める。
AizuKomaMS02.jpg

しばらく歩くと、時おり青空が覗き、大戸沢岳あたりが見えてくる。無木立の南東斜面は面白そうだ。
AizuKomaMS03.jpg

樹林の苦しい登りを続けると、前方が開けてくる。樹林がまばらになると、頂上まではあと僅か...のはずだけど、なかなか苦しいところでもある。
AizuKomaMS04.jpg

ほんとうにもうちょっとだ!がんばれ!!
AizuKomaMS05.jpg

ふー。シールを着けたところから3時間。登山口から標高差1,200mを登り切った。頂上からは、曇り勝ちながら、燧の姿がかっこいい。
AizuKomaMS06.jpg

目を東から北へ転じると、大戸沢岳、中門岳への稜線も雪をたっぷり載せている。いずれ、こっちにも行ってみたい。
AizuKomaMS08.jpg

予報どおり、風が少し強くなってきた。明日は山行は無理かなあ...などと思いながらシールを外し、滑降態勢に。
(あ、写真はまだシール外す前ですな ^^;)
AizuKomaMS07.jpg

頂上から小屋の下を抜け、樹林帯の始まるところまであっという間に滑り降りてしまった。うーん、あっけない。でも気持ちいい。
その後も樹林の中なれど、樹間が広く意外と滑りやすい。もう少し雪の多い時期も面白そうだ。
気持ちよ~く滑り降りると(最後はちょっと無理やり下る感じになるが)、看板のあるところで雪が終わりに。あとは、スキーを担いで夏道を降りる。
AizuKomaMS09.jpg

その後、夜から降り始めた雨は、予報どおり翌朝も本降りのまま。この雨の中で登山はちょっと...ということで、潔くスキーは諦め、山菜探索モードに。でも、フキノトウ以外はちょっと早かったか。(まあ、あまり山奥までは行かなかったし)
お土産に少々収穫して、春の味覚を楽しんだ。
AizuKomaMS10.jpg

会津駒ケ岳のみで終わってしまった、今期初檜枝岐だったが、来シーズンはもう少し早い時期も含めて訪れてみたいと思うのであった。
今年ももちろん、また行きます(笑
スポンサーサイト
2018. 01. 31  
前日から少し移動して那須へ。
白河郊外の南湖公園の駐車場は静かでトイレも綺麗、入山地点へ向かう途中にコンビニにも立ち寄れる優良物件だった。

本当はもっと甲子寄りのCo960のヘアピンカーブあたりから登る予定だったが、駐車適地がなく車を停めるのが憚られたので赤面山スキー場跡からスダレ山まで往復することにした。道路には数台の車が停まっていた。
IMG_2834.jpg

スキー場跡を登り詰めると登山道と合流して樹林帯に入る。
DSCF8328.jpg

樹林帯を抜けると灌木帯の中に小さなオープンバーンが斑状に点在する。
そしてほとんど雪が飛ばされた赤面山山頂に着く。
山頂の背後には目指すスダレ山が見える。
DSCF8331.jpg

赤面山山頂付近は雪がついていないため板を担いでコルまで歩く。
前山まで尾根の南側の開けたところをトラバースしていくと、スダレ山直下のオープンバーン基部に出る。
ここまで積雪は安定していたが、念のためここでピットを掘ってコンプレッションテストを行った。
積雪はしまり雪、55cm付近に肩で7回目に破断した層があったが、雪崩る確率は低そうだ。
予定通りスダレ山へ向かうことにする。
IMG_2837.jpg

前日とは違ってずっと緩斜面だが、Fさんが遅れ気味だ。
くしゃみをしていたので風邪をひいていたのかも。
IMG_2839.jpg

登るにつれて斜度が増してきて、アイスバーンも出てきたので、灌木帯を縫って尾根の北へ回り込んでスダレ山に到達した。
ここも風が強く地面が露出している。
Fさんをまちきれず引き返すが、ドロップポイントを探りながら降ったためすれ違いになってかなり待つことになってしまった。
IMG_2843.jpg

オープンバーンの上部末端から赤面山を見下ろす。
IMG_2846.jpg

今回滑りを楽しめたのは、こことスキー場跡の上部のみ。
ミドルターン10ターン弱で終わってしまう。
そこそこ締まっていて良さそうに思えたが、意外にスキーが走らなかった。
DSCF8339.jpg

赤面山へ登り返し、ひたすら緩斜面をだらだら滑るとゲレンデ跡に戻ってくる。
既に雪は重くなり、雪面はスキーやスノーシューの跡で凸凹。
DSCF8343.jpg

湯本へ向かい硫黄臭漂う温泉に浸かって帰路に着いた。
2018. 01. 31  
頸城方面を予定していたが、アメダスによると直近2~3日で関山の積雪が80cm程ある。
山はもっと降っていると予想されるので、予備計画に変更して雪が少ない地方へやってきた。

二俣温泉へ向かう途中の林道分岐付近、除雪車の駐車場に車を停めさせてもらい、入山地点を見繕いながら林道を登る。
IMG_2822.jpg

二つ目のヘアピンカーブ付近で入山するが木々の間隔は狭く、枝が煩い。
斜度があがるCo950~1050は特に酷いが、その一帯を抜けると少し開けてくる。
12月の雪訓に参加できなかったFさんと補講という形でミニ雪訓をやった。
IMG_2824.jpg

山頂直下の密な樹林帯を抜けると、雪上に低灌木が出ている開けた斜面になる。
ここまでくると山頂まで一投足だ。
IMG_2829.jpg

この時は気付いていなかったが、雪訓で使ったピッケルはいつの間にか藪にからめとられてなくなっていた。
山頂はガスと降雪で展望なし。さっさと退散する。
IMG_2830.jpg

中間部のわずかしかない疎林帯を滑る。
登りでは少し重く感じた雪も、滑ってみるとさらさらと舞い上がって意外に軽い。
DSCF8326.jpg

藪を横滑り、斜滑降、漕いでトラバース・・・などで抜け、間隔の狭い木々を縫って緩斜面を滑って林道に戻ってきた。
DSCF8327.jpg

滑りに適した部分が限られており、山頂ピストンだと藪にいる時間がほとんどのような印象が残った。
滑るなら山頂まで行かずに疎林帯を往復していた方がよさそうだ。
2018. 01. 08  
前日に引き続き黒姫山周辺。

大橋に車を停めようとしたら既に満車だったので、古池ルートの登山口に車を停めて、古池経由で黒姫山を目指した。
IMG_2775.jpg

古池。すっかり雪に覆われていて雪原と化している。
IMG_2780.jpg

樺の疎林帯を登っていく
IMG_2781.jpg

もうすぐ尾根に出る。今日は晴れていて気持ちいい。
IMG_2784.jpg

尾根で登山道に合流。吹き溜まりの凹凸を避けて少し尾根を外して歩く。
IMG_2786.jpg

雪庇と言う程ではないが吹き溜まった雪で尾根は凸凹。
IMG_2789.jpg

山頂が見えてきた。
IMG_2790.jpg

山頂の祠を少し掘り出す。
IMG_2792.jpg

前日登った小黒姫。
IMG_2793.jpg

往路を振り返る。外輪山たる様がよく分かる。
IMG_2794.jpg

この後、ほぼ往路を辿って滑り降りた。
樺の疎林は快適そうな斜面だったが、すでに雪が重くなっており辛うじてパウダー?という感じ。
自分が登ってきたトラックしかなかったので雪面は綺麗だったのだが。
2018. 01. 08  
天気予報では午後から雪だったが、午前中は晴れ間ものぞいていた。
大橋には車一台が停めてあり、三人パーティが出発の準備中だった。後一台単独行の一台がやってきて合計三台。下山時にはもう一台来ていた。
DPP_0001.jpg

林道を行き佐渡山方面との分岐直後に尾根に乗って途中から左へトラバースして大ダルミを目指す。
雪原となった大ダルミからは木立の先に妙高山が見通せた。
DPP_0008.jpg

外輪山の淵を回って西面の谷地形を登る。地形は谷状だが樹林帯だった。
小黒姫山頂は樹林の中。ガスも懸っていて展望なし。
DPP_0011.jpg

大池に滑り降りる。ここも雪原。
小黒姫を振り返ると左手に疎林の斜面が見えた。残念ながら正面の密林帯?(それほどではないが)を降りてきてしまった。
DPP_0020.jpg

大池を振り返る。滑っていけるかと思ったが結局シールを貼った。
はっきり下りになった所から外輪山の際をトラバースするように滑って行って登山道に合流、あとは往路を戻った。
DPP_0022.jpg

天気が良かったのは大ダルミ辺りまでで、その後は小雪も舞ってきて山頂では展望なし、その上特に滑って楽しい斜面もなかったが、静かな山行ができた。
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動する山岳会です。
このブログを訪れた方は、会員以外の方も、気軽にコメントを書き込んでください。
新人募集中!

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
カテゴリ