2014. 01. 19  
1月12-13で奥秩父の東沢へアイスクライミングに行く。

計画では下流部のホラノ貝沢や鷹見岩前沢、2日目に西のナメ沢だったがリーダー(自分)の足首の不調で乙女の沢だけ(しかも自分はテントキーパー)になってしまった。申し訳ない。。

P1120021-s.jpg
東御築江沢F1。珍しく結氷していた。

P1120022-s.jpg
乙女の滝で訓練。アイス部初参加のK氏もそつなくこなす。

P1120023-s.jpg
2日目は80m大滝まで行って帰ってきた。それにしても今年は積雪量が多く、氷もまだ薄くて状態が悪い。

ritani
スポンサーサイト
2013. 01. 19  

単独で金山沢右俣を行く。
基本ナメ沢なので凍った滝は問題ない。が終始スリップ注意の意識を怠れない。

落合橋駐車場に車を停める。道は一部凍結していたが4躯であれば問題ない。8時出発し橋下から入渓、10分程度歩けばすぐに沢は氷となった。積雪はほとんどない。沢筋以外は落ち葉が露出して秋の風景だ。最初はところどころ氷が切れてはいるが次第に全てがつながって素敵なアイスロードとなった。

↓前半は氷が薄く、ピックを刺すと水が出ることも。
変換 ~ 007

↓中間部のナメ滝、氷がつながってきた。
変換 ~ 009

↓それを登る
変換 ~ 010

↓中間を過ぎると傾斜もきつく氷も固くしまってくる
変換 ~ 015

↓気分最高のアイスロード、このまま詰め上げまで氷が続いた。
変換 ~ 018

稜線には一部木登り的な詰め上げをし短い時間で達する。そこから踏み跡を行き梵天尾根にわずか5分。右俣には4つの二俣があり比較的に右が凍っている。しかし全て右を選択すると梵天尾根から離れた稜線にでてしまう。アイスの場合は比較的に凍っている沢筋を選択するので両方同程度の結氷具合の場合は左を選択する方が下山が楽だろう。この日は時間が余ったので新年一発目のピークとして両神山からの眺望を楽しみ下山した。
下山に雪がない場合はアプローチシューズ持参の方が下りやすいと思った。
記:K崎
2013. 01. 14  
1月12-13日。積雪が増えないうちにと、奥秩父でも有名な東沢・釜ノ沢西俣に行く。

西俣の左沢には30mの大滝があり、これを登るのも楽しみだ。

P1120040-s.jpg
凍結した東沢本流。全面結氷ではないが歩くには問題ない。平らな氷の上をすたすた歩けるので夏より却って行程が捗る。

P1120041-s.jpg
乙女の滝50m。まだ薄いが十分に登攀可能だ。このほか、鷹見岩前沢や西のナメ沢は十分に凍っていたが東のナメは薄くベルグラが張っているだけでまだ登攀不可。

P1120043-s.jpg
不思議な凍り方をした釜。

P1120048-s.jpg
釜ノ沢出合、魚止ノ滝。夏に登れないところもさくさく行けてしまう。千畳のナメは完全には凍っていない。

P1120051-s.jpg
7m曲り滝もご覧の通り。釜の氷を割らないように慎重に取付く。

P1120053-s.jpg
両門ノ滝。西俣は最高の凍結状態である。東俣はナメ状のためか周辺が凍っているだけで、ちょっとまだ登れない。

西俣の滝は抜け口で氷がつながっているか分からなかったので、一応ロープを出したが杞憂であった。この日は西俣Co1700付近の樹林の平坦地で幕。

翌日。この日も天気がよい。ゴーロ帯は雪に埋まりきらず、アイゼンが岩に当たったり氷を踏み抜いたりして煩わしいが、これぞ山という感じが出ている。

P1130055-s.jpg
奥の二俣、左沢・右沢出合。これを左に取る。

P1130056-s.jpg
30m大滝。立派に凍っていて思わず歓声が上がる。ロープを出し、ほぼ中央部を登るが氷が軟らかく、ステップもできていて快適。立っているところで75-80度くらい。

P1130058-s.jpg
フォローするK氏。

P1130059-s.jpg
P1130064-s.jpg
上部はナメ氷が断続する。美しいがスリップしたらあの世行き。

この後富士見直下に詰め上げ、トレースを拾ってラッセルすることなく甲武信ヶ岳へ。終始好天に恵まれ、いい山だった。

I谷
2012. 02. 28  
2月26日。アイスのシーズンも終わりに近づくが、両神山・薄川七滝沢へ向かう。

結果からいえば下流部の氷は全滅、Co1240二俣からのみアイスクライミングとなったがここから上はいい状態で残っており、なかなか面白かった。しかし、ちゃんと下から凍っていたら1泊2日はかかるだろう。

P2260011-s.jpg
Co1240二俣付近の登山道から、左俣を覗く。ここまで不通、七滝のゴルジュいずれも凍っていなかっただけに、ほっとする。

P2260013-s.jpg
右の氷柱が本流で、左は染み出しと思われる。

09:~1
右の氷柱に取り付く。30m傾斜は80度くらいあり、楽しめる。

P2260014-s.jpg
次はロープスケールで2段40m。下段はやはり80度。この上で登山道が横切る。

P2260407.jpg
最後の登攀対象、15mの氷柱。短いが80-85度で、良いリードの練習になった。この氷柱の左側には30mクラスの立った氷瀑が落ちている。

この氷柱の後、沢は雪に埋まる。雪質は重く、脛までしか埋まらないが結構苦労した。最後に3mほどの段差をドライツーリングでこなし、登山道に出て終了。両神山頂はパス、何とか日向大谷16時36分発のバスに乗る。
2012. 02. 10  
I谷です。

2月4-5日は既報のとおり鷹見岩前沢と東のナメでしたが、どちらも良好な結氷具合で楽しめました。

特に東のナメ沢は日当たりが良く、ナメ状なのでめったに凍らないと思っていたら・・・1日目の偵察で凍っとる!! ということで2日目のアタックが実現しました。天に感謝。

鷹見岩~1














初日の鷹見岩前沢「冬のプレゼント」F1・30×50m。

東のナ~1














凍結した東のナメ沢大滝。
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動する山岳会です。
このブログを訪れた方は、会員以外の方も、気軽にコメントを書き込んでください。
新人募集中!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
カテゴリ