2015. 03. 30  
積雪期の飯豊は今回が初めて。冬は帰路の高速の渋滞が激しいので、一層遠く感じられて、なかなか実施に踏み切れなかった。

高知山林道ゲートから、林道を行く。約一時間で、正面にとんがった尾根が見えてくると、尾根の取り付き点は近い。取り付き点には、いくつか目印があるので、分かりやすい。
DSCF1250.jpg

尾根への取り付き。ここは急傾斜のため、板をザックに括り付けて、ツボ足で登った。
DSCF1253.jpg

少し傾斜が落ちたあたりで、再び板を履く。この先、尾根が痩せているところで、ブッシュに邪魔されて、板を外したところもあるが、特に難所もなく676Mの小ピークに達する。
DSCF1255.jpg

高知山付近。広く、なだらかな尾根が続く。周囲の山並みや、新潟平野の展望は最高です。
DSCF1259.jpg

夏道の尾根を遠望する。
DSCF1263.jpg

鳥居峠付近から二王子岳の眺望。尾根は一層広々としてくる。この辺、何もないようだが、雪が解けると藪と化す。
DSCF1265.jpg

自分の影とスキー。天気が良い。
DSCF1271.jpg

場割峰山頂から、七滝沢の枝沢にドロップ。すぐに本流に出た。
DSCF1274.jpg

七滝沢源流を詰めて行く。沢筋も両岸もなだらか。尾根筋より起伏が少なくて快適。
DSCF1276.jpg

山頂間近。結構賑わっている。胎内方面に向かったパーティ、夏道を下って行ったパーティなど、行く手は様々。
DSCF1282.jpg

一応、記念撮影?
DSCF1289.jpg

降り(夏道)は木立が煩わしいが、二王子神社までは約一時間で降りてきた。
二王子神社からは参道を降って、林道に合流した。もうほとんど滑るところなし。
DSCF1293.jpg

南俣集落は完全に春。
DSCF1294.jpg
スポンサーサイト
2015. 03. 03  
埼玉県 飯能市 日和田岩で
会のトレーニングをしてきました。

小雨の中、3班に分かれてそれぞれ
確保技術、支点の取り方、懸垂下降、
固定ロープ登高などを確認、練習。

沢登りを始めて
8ヶ月になっていました。
聞きなれない横文字やロープワークは
頭の中にインプットして
体が自然に動くようになるまで
時間がかかりますが
これからも日々の山行前に確認して
確実に身につけてフランスでも
活かせることができたらよいなぁと
思いました。

会のみなさま
ご指導、ありがとうございました。




なつこ



2014. 11. 18  
毎年行われるビバーク訓練、日帰り装備で一夜を過ごす。
地面から伝わってくる寒さにリュックを敷いたり、いろいろ工夫をしましたが、あまり眠られず朝を迎える。

20141118111940da5.jpg

ビバーク訓練地前に中川川 東沢ゴーラ沢〜ヤビキ沢を遡行。
ヤビキ沢の6m滝を懸垂下降する。
20141118112749954.jpg

2014. 07. 21  
このキノコはハナビラダケでしょうか。
どなたか教えてください。
青木

P7205192_R.jpg
2014. 06. 01  
今週はちょっと息抜き。山菜山行を実施しました。
これまでの定番ウド・ウルイ・コゴミ・タケノコ(ネマガリダケ)・タラ・トリアシショウマ・ワサビに加えて、世間的には定番のミヤマイラクサ(アイコ)と、今回レパートリーに加わったソバナ、といろいろな味・食感を堪能できました。


登山道脇の斜面や沢沿いにキョロキョロ目を向けながら、目的地の河原(幕場)へ向かいます。

IMG_0305.jpg
左上からウド(根本)、右隣がタラ(芽というより穂先)、コゴミ、ワサビ、タラの下がウルイ、下段左からミヤマイラクサ、タケノコ、ソバナ、トリアシショウマ。少量のワラビとヨブスマソウも混じってます。

IMG_0317.jpg
幕場対岸に先行の釣り師が入っていたことに落胆していたYさん。気を取り直してKさんとともに3匹釣ってきて、魚を卸しています。

IMG_0318.jpg
その他のメンバーはくつろぎモードへ。食当のHさんは時折任務に戻っててんぷらを揚げていました。調理が追い付かず、結局ほとんどの山菜は茹で上がったらその先の調理を待つことなく、お浸しとして食べられてしまうのでした。お浸しが一番よく味が分かるので、それも良しとしましょう。ソバナは癖がないうえに甘味が強く、絶賛されていました。まばらにしか生えてなくて、あまり採れなかったのが残念です。

IMG_0335.jpg
採りごろのトリアシショウマ。葉が開ききっておらず、茎が赤みがかっていて、茎に明瞭に毛が生えているくらいのものが良いです。茎を根元から指で辿っていって、簡単に手折れるようなら、柔らかくて食べやすい。ほのかに癖のある香りと苦みがあります。

IMG_0337.jpg
ソバナ。見た目はそこいらの雑草と区別つきません。葉はやや細長くて鋸歯があり、根元は柄を持っていて、光沢はありません。茎は中空で、手折るとタンポポのように白い液がでてきます。

IMG_0345.jpg
おなじみのコゴミ。シダ類の若芽は似ているものが多いので、しっかり覚えましょう。今回も違うのが混じってました。

IMG_0346.jpg
ミヤマイラクサ。蟻酸を含んだ細かいとげがあるので、軍手をして採取しましょう・・・とは定説なのですが、うちのメンバーは素手で手を出したがため、痛痒い思いをしておりました。癖がなくて食べやすい山菜です。
プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動する山岳会です。
このブログを訪れた方は、会員以外の方も、気軽にコメントを書き込んでください。
新人募集中!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
カテゴリ