2018. 01. 31  
前日から少し移動して那須へ。
白河郊外の南湖公園の駐車場は静かでトイレも綺麗、入山地点へ向かう途中にコンビニにも立ち寄れる優良物件だった。

本当はもっと甲子寄りのCo960のヘアピンカーブあたりから登る予定だったが、駐車適地がなく車を停めるのが憚られたので赤面山スキー場跡からスダレ山まで往復することにした。道路には数台の車が停まっていた。
IMG_2834.jpg

スキー場跡を登り詰めると登山道と合流して樹林帯に入る。
DSCF8328.jpg

樹林帯を抜けると灌木帯の中に小さなオープンバーンが斑状に点在する。
そしてほとんど雪が飛ばされた赤面山山頂に着く。
山頂の背後には目指すスダレ山が見える。
DSCF8331.jpg

赤面山山頂付近は雪がついていないため板を担いでコルまで歩く。
前山まで尾根の南側の開けたところをトラバースしていくと、スダレ山直下のオープンバーン基部に出る。
ここまで積雪は安定していたが、念のためここでピットを掘ってコンプレッションテストを行った。
積雪はしまり雪、55cm付近に肩で7回目に破断した層があったが、雪崩る確率は低そうだ。
予定通りスダレ山へ向かうことにする。
IMG_2837.jpg

前日とは違ってずっと緩斜面だが、Fさんが遅れ気味だ。
くしゃみをしていたので風邪をひいていたのかも。
IMG_2839.jpg

登るにつれて斜度が増してきて、アイスバーンも出てきたので、灌木帯を縫って尾根の北へ回り込んでスダレ山に到達した。
ここも風が強く地面が露出している。
Fさんをまちきれず引き返すが、ドロップポイントを探りながら降ったためすれ違いになってかなり待つことになってしまった。
IMG_2843.jpg

オープンバーンの上部末端から赤面山を見下ろす。
IMG_2846.jpg

今回滑りを楽しめたのは、こことスキー場跡の上部のみ。
ミドルターン10ターン弱で終わってしまう。
そこそこ締まっていて良さそうに思えたが、意外にスキーが走らなかった。
DSCF8339.jpg

赤面山へ登り返し、ひたすら緩斜面をだらだら滑るとゲレンデ跡に戻ってくる。
既に雪は重くなり、雪面はスキーやスノーシューの跡で凸凹。
DSCF8343.jpg

湯本へ向かい硫黄臭漂う温泉に浸かって帰路に着いた。
スポンサーサイト
2018. 01. 31  
頸城方面を予定していたが、アメダスによると直近2~3日で関山の積雪が80cm程ある。
山はもっと降っていると予想されるので、予備計画に変更して雪が少ない地方へやってきた。

二俣温泉へ向かう途中の林道分岐付近、除雪車の駐車場に車を停めさせてもらい、入山地点を見繕いながら林道を登る。
IMG_2822.jpg

二つ目のヘアピンカーブ付近で入山するが木々の間隔は狭く、枝が煩い。
斜度があがるCo950~1050は特に酷いが、その一帯を抜けると少し開けてくる。
12月の雪訓に参加できなかったFさんと補講という形でミニ雪訓をやった。
IMG_2824.jpg

山頂直下の密な樹林帯を抜けると、雪上に低灌木が出ている開けた斜面になる。
ここまでくると山頂まで一投足だ。
IMG_2829.jpg

この時は気付いていなかったが、雪訓で使ったピッケルはいつの間にか藪にからめとられてなくなっていた。
山頂はガスと降雪で展望なし。さっさと退散する。
IMG_2830.jpg

中間部のわずかしかない疎林帯を滑る。
登りでは少し重く感じた雪も、滑ってみるとさらさらと舞い上がって意外に軽い。
DSCF8326.jpg

藪を横滑り、斜滑降、漕いでトラバース・・・などで抜け、間隔の狭い木々を縫って緩斜面を滑って林道に戻ってきた。
DSCF8327.jpg

滑りに適した部分が限られており、山頂ピストンだと藪にいる時間がほとんどのような印象が残った。
滑るなら山頂まで行かずに疎林帯を往復していた方がよさそうだ。
2018. 01. 26  
hotaka-DSCN4618Top.jpg

昨年関越高速の大渋滞に巻き込まれ中退した上州武尊山にいってきました。今回は沼田駅8:00集合として、塩山から車で来たIさんと落ち合い、川場スキー場を目指したところスキー場に8:40に到着した。午前中晴れの予報だが、武尊山方面は雲がかかり少し心配。スキー場ではリフト券購入の行列ができており、登山届を書いていなかったので振出しに戻り時間をロスする。そんなこんなでゲレンデトップに9:40に到着。他の登山者がアイゼンを装着していたので我々もそれに倣う。
多くの登山者でにぎわっていて雪道は固く締まっている。天気は快晴で風も強くない。
hotaka-DSCN4608.jpg


まずは、剣ヶ峰山を目指して登っていく。
hotaka-DSCN4609.jpg


アイゼンも良く効き、剣ヶ峰山には25分ほどで到着した。
山頂は快晴、展望は360℃だった。
hotaka-DSCN4611.jpg


たおやかに見える武尊山を目指して、まずは鞍部まで下る。
hotaka-DSCN4617.jpg

鞍部から緩やかな登り。スノーツリーが美しい。
hotaka-DSCN4623.jpg

武尊山頂直下は西側の岩場をトラバースして回り込む。
hotaka-DSCN4627.jpg

武尊山頂到着です。登山者は徐々に増え10人ぐらいになる。
hotaka-DSCN4632.jpg

ここも展望は360℃で気持ちが良い。
hotaka-DSCN4636.jpg

名残惜しいが来た道をたどり下山開始。途中の風の弱い鞍部付近で昼飯する。
hotaka-DSCN4638.jpg

再び剣ヶ峰山を目指して登る。
hotaka-DSCN4640.jpg



剣ヶ峰山からは15分程度でゲレンデトップへ下山できた。前回が嘘のように、3時間かからずに往復して、13時前に終了となる。


川場温泉いこいの湯にて汗を流し帰京した。
ちと物足りなかったが、去年のリベンジが出来たのでヨシとしよう。


bema
2018. 01. 24  
nisakikawa-IMG_3064top.jpg



ちと前の話だが、今年の沢はじめとして、湯河原幕山公園を流れる新崎川左俣を遡行した。熱海に近いので少しでも暖かなことを期待したが、冬型が強まり最低気温は氷点下だ。幕山公園までタクシーを利用し、そこから新崎川沿いの林道を40分程度歩くと工事中の立ち入り禁止ゲートに出会う。
nisakikawa-IMG_3042.jpg


ゲートの右に踏まれた山道を行き白銀林道にでるのが正解だったが、ゲート先の工事中堰堤上部から入渓する。
nisakikawa-IMG_3044.jpg


水流沿いの石は所々薄い氷が張っていて、足を水流に入れるのが憚られる。
nisakikawa-IMG_3045.jpg



白銀橋を越えるとすぐに両岸が迫ってきてゴルジュとなる。
nisakikawa-IMG_3047.jpg



左から流入する枝沢にかかる滝は氷結している。
nisakikawa-IMG_3048.jpg



その先に癒し系の4m幅広スダレ滝がかかる。私とHさんは、水流を嫌い右の草付きとの境を登ったが、Oさんは果敢にも中央の水流を選び、見ているこちらが寒くなる。
nisakikawa-IMG_3049.jpg


水流に積極的に入るOさんは沢屋の鑑ですね。
nisakikawa-IMG_3056.jpg


この沢は4-5m程度の何れも登れる滝がかかっているが、ところどころ氷結しているので慎重に足を運ぶ。
nisakikawa-IMG_3057.jpg


途中、杉の倒木で沢が埋まっている箇所があり非常に煩わしかったが、co850mの登山道まで3時間程度で遡行できた。これまた杉の倒木で所々埋まる登山道を下降し徒渉点から中尾沢の紫テープを頼りに踏み跡を辿っていくと、1:1の二俣左右にそれぞれ25mと15mの黒い滝が懸かっている。
nisakikawa-IMG_3059.jpg
nisakikawa-IMG_3062.jpg



右の滝は、左の滝の手前からトラロープつきの巻き道がついていた。
nisakikawa-IMG_3063.jpg



その上部の15m柱状節理の滝に簡単に行くことが出来た。結構見ごたえのある滝であった。
nisakikawa-IMG_3064.jpg






滝見学後、山道から白銀林道に出て、ついでに幕山に登り、相模湾を遠望した後、下山した。行動時間は、合計8時間で天気が良くそこそこ充実した山行であった。
nisakikawa-IMG_3067.jpg


bema
2018. 01. 08  
前日に引き続き黒姫山周辺。

大橋に車を停めようとしたら既に満車だったので、古池ルートの登山口に車を停めて、古池経由で黒姫山を目指した。
IMG_2775.jpg

古池。すっかり雪に覆われていて雪原と化している。
IMG_2780.jpg

樺の疎林帯を登っていく
IMG_2781.jpg

もうすぐ尾根に出る。今日は晴れていて気持ちいい。
IMG_2784.jpg

尾根で登山道に合流。吹き溜まりの凹凸を避けて少し尾根を外して歩く。
IMG_2786.jpg

雪庇と言う程ではないが吹き溜まった雪で尾根は凸凹。
IMG_2789.jpg

山頂が見えてきた。
IMG_2790.jpg

山頂の祠を少し掘り出す。
IMG_2792.jpg

前日登った小黒姫。
IMG_2793.jpg

往路を振り返る。外輪山たる様がよく分かる。
IMG_2794.jpg

この後、ほぼ往路を辿って滑り降りた。
樺の疎林は快適そうな斜面だったが、すでに雪が重くなっており辛うじてパウダー?という感じ。
自分が登ってきたトラックしかなかったので雪面は綺麗だったのだが。
2018. 01. 08  
天気予報では午後から雪だったが、午前中は晴れ間ものぞいていた。
大橋には車一台が停めてあり、三人パーティが出発の準備中だった。後一台単独行の一台がやってきて合計三台。下山時にはもう一台来ていた。
DPP_0001.jpg

林道を行き佐渡山方面との分岐直後に尾根に乗って途中から左へトラバースして大ダルミを目指す。
雪原となった大ダルミからは木立の先に妙高山が見通せた。
DPP_0008.jpg

外輪山の淵を回って西面の谷地形を登る。地形は谷状だが樹林帯だった。
小黒姫山頂は樹林の中。ガスも懸っていて展望なし。
DPP_0011.jpg

大池に滑り降りる。ここも雪原。
小黒姫を振り返ると左手に疎林の斜面が見えた。残念ながら正面の密林帯?(それほどではないが)を降りてきてしまった。
DPP_0020.jpg

大池を振り返る。滑っていけるかと思ったが結局シールを貼った。
はっきり下りになった所から外輪山の際をトラバースするように滑って行って登山道に合流、あとは往路を戻った。
DPP_0022.jpg

天気が良かったのは大ダルミ辺りまでで、その後は小雪も舞ってきて山頂では展望なし、その上特に滑って楽しい斜面もなかったが、静かな山行ができた。
2018. 01. 03  
久しぶりの雪山です。
黒百合ヒュッテを基点に、にゅうと東天狗岳に行ってきました。
naDSC06437.jpg



1日目、天気は晴れ。
渋の湯から黒百合ヒュッテを目指します。
naDSC06391.jpg

尾根に出ると陽が差し込み、雪景色がきれいです。
むぎゅっ、むぎゅっと雪を踏みしめる感覚を楽しみながら・・・
naDSC06396.jpg

こんなのもありました
naDSC06397.jpg

黒百合ヒュッテに到着。
naDSC06399.jpg
テントを設営して、にゅうに向かいます。

樹林帯を出て、ここを登ればにゅうの山頂です。
naDSC06408.jpg

眺めは良いですが、風がっ!
樹林帯に逃げ帰ります(^^;)
naDSC06413.jpg
山頂から白駒池方面

夕食はOさんがアヒージョを作ってくれました。
パンとワインをお供に・・
名前は知っていましたがアヒージョ、初めて見ました。食べました。美味しかったです。


2日目、快晴
6時半に行動開始、風が強いので行けるとこまで行きましょうと、東天狗岳を目指します。
naDSC06422.jpg

ご来光(合掌)
naDSC06430.jpg

朝日が当たってオレンジ色に・・
naDSC06433.jpg

片足で立つ瞬間、風が吹くとよろけるぐらい風が強いですが、山頂に到着~
naDSC06437.jpg
強風が吹き抜ける山頂、滞在時間は数分、西天狗はまた今度。

夏沢峠方面
naDSC06436.jpg


いつも東天狗までしか行けないけど、いいんです。
naDSC06442.jpg

満足、満足。
naDSC06443.jpg

テントを撤収した後、黒百合ヒュッテでホットミルクとホットゆずかりんを注文、喫茶スペースで少しゆっくりしてから、渋の湯へ下山しました。
naDSC06445.jpg

naDSC06446.jpg

予定より1本早いバスに乗ることができたので、縄文の湯で途中下車。ゆっくり温泉に浸かってビールを少々・・・で締めくくりました。(^^)


nao
2017. 12. 01  
秋ももう終わりに近づき、上越では雪予報であったが、塩原の箒川鹿股川桜沢の計画に参加した。
sakurasawa-_TopIMG_2891.jpg

東十条にて早朝ピックアップしてもらい、東北自動車道を急ぐ。山の上の方は雪が被っていて心配したが、現地はどうにか積雪が無かった。
おしらじの滝入口の駐車場に車を止めて沢支度するが、雪がちらほら舞いすこぶる寒い。

林道をしばらく歩き、うっすらとした踏跡のある尾根を下降していく。
sakurasawa-IMG_2874.jpg


途中、2回の懸垂下降を強いられたが、1時間半程度でスッカン沢と桜沢の分岐に到着する。遊歩道わきから、勢いよく水を落とす咆哮霹靂の滝(向かって右が咆哮の滝、左が霹靂の滝)を眺めながら昼食をとる。
sakurasawa-IMG_2884.jpg


豪快に水を落とす霹靂の滝は登れそうになく、左の水流がほとんどないが黒々とナメっている咆哮の滝(15x20m:3段)を慎重に登る。
sakurasawa-IMG_2885.jpg


滝上はきれいな幅広ナメが広がり癒される。すぐに4x5m 幅15mの美しいスダレ滝が出てくる。右を簡単に越えられる。
sakurasawa-IMG_2890.jpg


水流には落ち葉が整然と積み重なっていて美しい。
sakurasawa-IMG_2896.jpg


ナメの中間には、幅10mの1m滝が2個続き水流がきれいだ。
sakurasawa-IMG_2894.jpg


ここまでなるべく濡らさないように歩いてきたが、トップのOさんが果敢に水に入っていくので少し見習うが、やはりこの季節の水は冷たい。
sakurasawa-IMG_2899.jpg


左に岩壁が続くところを過ぎると遊歩道の吊り橋が見えてくる。雷霆橋だ。
sakurasawa-IMG_2902.jpg


その先に導水管らしきものが架かっていたが、近づくと汲み上げモータ付きの源泉採取設備であった。かなり古く今は使用されていないようだ。
sakurasawa-IMG_2904.jpg



今度は右側が岩壁となり、ゴーロ状を歩き何れも簡単に越えられる2m滝、4x6m滝を通過すると2段10mの雷霆の滝の雄姿が現れる。
sakurasawa-IMG_2920.jpg


下段は右のリッジ状をフリーで登り、上段はHさんにザイルを引いて登ってもらう。
sakurasawa-IMG_2928.jpg


滝上のナメを少し行くと2段8x12m滝が出てくるが、左から中央をフリーで登れる。
sakurasawa-IMG_2930.jpg



次に2x3m、3x5m滝が出てくるが何れも問題ない。その先は所々に釜が出てくるゴーロがしばらく続く。
co930mのインゼル状を越えると水が涸れ、涸れ棚をなど登って楽しむと、石垣マニアのHさんが右に石垣を発見。昔の橋脚かもしれない。
その先で水流が復活するが、ゴーロを遡行していくと銀色のアルミパイプが見えてくる。これは、おしらじの滝遊歩道の柵であった。
sakurasawa-IMG_2943.jpg


そこを過ぎると神秘的なコバルトブルーの釜を持った「おしらじの滝」となる。
sakurasawa-IMG_2949.jpg


今回は、水が流れ落ちているが、通常はほとんど水流は無い。ちなみに前回2年前の写真がこれです。
sakurasawa-150620.jpg



しばらく、おしらじの滝の景観を楽しんでいると、遊歩道の管理者が降りてきて整備状況を確認していた。遊歩道は、昨年死亡事故が発生した様で、遊歩道から滝上部を立ち入り禁止にしていた。
遊歩道を10分ほど登り駐車場に戻った。
sakurasawa-IMG_2952.jpg


遡行時間2時間半と短い工程であったが、出てくる滝や流れが美しく癒し系の沢登りを楽しめた。
塩原新湯温泉ムジナの湯で汗を流し、次の目的地である越後湯沢のキノコ山行に移動した。


bema

2017. 11. 19  
F薪です。

今週は、焚き火納め山行を計画していたが、土曜に雨予報だったため中止とした。
代わりに、リニューアル間もない加入道山避難小屋で熱燗の夕べを催した。メンバーは半減の3名だったが、よく飲み、よく食べ、よく寝た。

熱燗用徳利
Kanyudo01.jpg

きのことネギを焼いて、日本酒のよきつまみに。
Kanyudo02.jpg

加入道の夜は更けて
Kanyudo03.jpg

明けて日曜日はよく晴れて、富士山もきれいに
Kanyudo04.jpg

結果だけ見れば焚き火山行も可能だったと思われるが、まあ楽しい一夜だったので、よしとしよう。
2017. 11. 12  
~逍遙渓稜会 レスキュー秋~

天候にも恵まれ、そろそろ本気でヨウカイアメフラシも卒業かもしれない、担当はワタシだ!
あまりに天気がよいものだから、会員からは「沢へ行きたいくらいの快晴」なんて声も。
ダメです。今日はレスキュー訓練です!!

今回は都岳連へ講師をお願いして実施しました。
実施場所は丹沢のモミソ懸垂岩。

まずは講習のレクチャーを受ける。
20171114205024937.jpg

すぐにテラスへ移動し、訓練開始。
20171114205022d99.jpg

みんな前のめりぎみに聞き入っています。
201711142050267a7.jpg

①カラビナ代用での懸垂&仮固定
20171114205025242.jpg

20171114205028fcc.jpg

20171114205120ee9.jpg

②ディスタンスブレーキによる介助懸垂

講師によるデモンストレーション
2017111420512183b.jpg

救護される側もなかなかの恐怖
20171114205123cfa.jpg

介助者は真剣
20171114205124ee8.jpg

背負いでの介助懸垂

岩にくっつきすぎず、手をついてバランスをとる

この距離感がグッド
2017111420521609e.jpg

ザイル操作者と声を掛け合いながらタイミングを合わせるのが大切です。
201711142052186f1.jpg

~午後の部~

③ライジングシステム(1/3→1/5)
ライジングシステムは、通常1/2、1/3は実施していたが1/5を実施するのははじめてだったので、興味あった人も多かったそう。
201711142052200e3.jpg

カラビナ支点では、まったく人ひとりを引き上げることはできませんでした。
しかしながら、滑車を使うと引き上げられる。滑車を個人装備に追加することも検討すべきかもしれません。
201711142052217ce.jpg

④背負い搬送
ラストは沢から林道までの背負い搬送。
これまでザックを逆さにしたり雨具と組み合わせたりして背負い搬送を実施していたが、ザックにスリングをクロスに付けてハーネスと連結する方法を教示いただきました。
2017111421484095b.jpg
救護者の負担も少ないようです。


今回のレスキューは、メニューについて講師へ相談したくさんのアドバイスを頂き、事前の準備段階から多くの時間を割いていただきました。
甲斐あって充実した内容の訓練を実施することができました。

講師ならびに参加者各位、たいへんお疲れさまでした。
ご協力ありがとうございました。


shin

プロフィール

逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)

Author:逍遙溪稜会(しょうようけいりょうかい)
東京を拠点として、沢登りを中心に活動する山岳会です。
このブログを訪れた方は、会員以外の方も、気軽にコメントを書き込んでください。
新人募集中!

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
検索フォーム
カテゴリ